うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

パクツイクラスタという社会不安因子

nlab.itmedia.co.jp

 陰謀論までささやかれた「コロナこわいけどぉ、安倍の声聞いたら元気出た」ツイートの真相は、いわゆるパクツイクラスタの遊びが外に広まった結果であった、というオチ。正直しょうもなさすぎて頭を抱えた。

 が、大昔からパクツイ文化圏を眺めていた身としては「とうとうこうなったか」という感慨深さの方が大きい。視界に入る不愉快な遊びから、社会全体を脅かす火遊びへと、その性質は変化しているように感じる次第だ。

 

 パクツイそのものの歴史はだいぶ古い。今はなき「ShootingStar」というTwitterクライアントのパクツイ機能に始まり、イラストの無断転載騒動やら、「Copy writing」や「サザエbot」のような悪質度の高いパクツイアカウントの騒動など、定期的にインターネットにざわめきをもたらしている。ちなみに現在進行系である。

 彼らの言い分は一様に「悪いとは思っていない」「そういう文化だし」で染まっていた。これは、露悪的な開き直りも多数あっただろうけど、なかには本当に悪いとは思っていないというものもあったはずだ。

 実際、「ツイートをパクる」という行為そのものは、スパム的な気味の悪さが一番大きい。無論、著作権侵害という側面も強いのだけれども、「身内同士でパクり合う遊び」ならば、おそらく互いに著作権放棄をしている可能性は高いので、「気味が悪い」以上の問題はないだろう。

 

 しかし先の一件では、身内の外にキャッチされてしまい、それが全方位へ延焼していった。著名人も巻き添えにした、文字通りの全方位だ。ここまで大規模な火事になったのは、コロナで世間がヒリついた、いわば「火事が起きやすい気候」だったことが、おそらく最たる要因だろう。

 「主犯」となった人のブロを読むと、この騒動そのものには謝罪しつつも、「嘘を嘘と見抜けないやつにインターネットは向いていない」といった、ある種の責任転嫁をするような開き直りも見られる。おそらく後者が本音で、口だけで全く反省していない、と見てよいだろう。

 「嘘を嘘と見抜けないやつに~」とは古くからのインターネットのならわしであるため同意はする。ただ、それはインターネットがギークと社会不適合者たちの遊び場だった時代の言葉であり、もはや一種の社会インフラと化したTwitterでは「露悪的な開き直り」と取られても仕方ない。そんなTwitterは僕もクソくらえだと思ってるけど、このタイミングでこの開き直りは、正直悪手にほかならないと思う。

 

 はっきり言って、パクツイクラスタはもはや、社会不安を煽る因子だろう。

 そのモラルも問題だが、なによりいまのTwitterとの相性が最悪に噛み合っている。トレンドを最優先で全面表示する、あのUIとの相性だ。

 パクツイクラスタはその性質上、「同じ文言」をひたすらに並べていく。そしてアホなTwitterのロジックは、この人工的に並べられた文言を「世間のトレンド」と誤認する。そして、誤認されたトレンドはTwitterのトップページにデカデカと掲載される。そして、(おそらく大多数の)公式ページか公式クライアントを使用するユーザーたちの目に真っ先に飛び込むのが、その誤認されたトレンドだ。

 パクツイクラスタもダメだが、Twitterもダメだ。Twitterの改善には現状全く期待できたい。なのでパクツイクラスタが自粛してくれれば同じ問題は起きないだろうけど、正直彼らの言動を見ていると、その善性には一ミリも期待できない。

 現状の最適解は、彼らを根こそぎシャットアウトするか、Twitterそのものをやめるかだろう。このご時世だし、ブラウザのトップページは自治体のホームページにするのが、最も無難な選択肢だろう。

 

 きわめて個人的でプライベートなお気持ちをあえて発するならば、パクツイ野郎はバカッター大学生と大差ないし、社会的に生かしておくべきじゃあないし、速やかに全員リンチにあって、河川敷に死体となって転がっていてほしい。

 というより、ランサーズ株式会社が本当に告訴すべき相手は彼らなのではないだろうか、とは思っている。ぜひそうなってほしい。そういうお気持ち。