うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

2019年からでも間に合う!『バーチャルさんはみている』から学ぶVTuber 第1話・本編

 わっさー★ この記事は後編にあたるので、先に前編を読んでから見ることをおすすめしますよ!!

wasasula.hatenablog.com

 

 

コーナーごとの説明

 『バーチャルさんはみている』は全12個のコーナーで構成されているオムニバス形式の作品です。しかし、各コーナーごとにしか登場しないVTuberばかりいる上に、その選出やコーナーそのもののテイストもかな~りハイコンテクスト。

 それでいて「当人の魅力に直結しない要素」も多めなので、前編と同様に「普段はなにをしているか」も合わせて解説します。

 

1. VIRTUAL WARS

f:id:wasasula:20190124171747p:plain

  • 出演するのは「ゲーム部プロジェクト」というVTuberグループ。人気上位10位圏内に位置する人気どころ。
  • 部長の夢咲楓(右端)、副部長で芸人厨二の道明寺晴翔(左端)、あざといピンクの桜樹みりあ(中央右)、男の娘の風見涼(中央左)の4名で1つのチャンネルを共有する*1。体裁はその名の通り「部活」というノリ。
  • ゲーム実況をメインに活動しているが、時折茶番じみた動画も投稿するため*2「演劇部」「茶番部」と呼ばれることもしばしば。
  • 本コーナーでは上記の「演劇部」的な要素が強め。ちょくちょくゲームネタが挟まるのは本職要素ですね。

 

参考動画:ゲーム部として

www.youtube.com

 

2. バーチャルグランドマザー

f:id:wasasula:20190124173633p:plain

  • Q. これは小林幸子ですか? A. Exactly(そのとおりでございます)
  • 経緯を説明すると、ニコニコ超会議でキズナアイと共演→ミライアカリとバーチャル体で共演*3を経て、小林幸子はニコニコ開催のバーチャル系イベントでは半レギュラー*4
  • 本作への出演もおそらく上記の縁がきっかけ。ちなみに、作中で見られるモデル以外にも、「Vカツ」製のアバターや、「バーチャルメガ幸子」も存在する。

 

3. レッツゴー!教室

f:id:wasasula:20190124175748p:plain

  • これだけはなにもわからない。

 

4. 富士アオイ公園

f:id:wasasula:20190124180102p:plain

  • 出演しているのは、富士葵(右)バーチャルゴリラ(左)。元ネタはまぁ「富士サファリパーク」でしょうか……?
  • 富士葵は活動経歴1年を越した古参寄りのVTuber。『キミの心の応援団長』をコンセプトにマルチタレントで、非常に高い歌唱力を誇る一人。メジャーデビュー済み。
  • バーチャルゴリラも経歴1年を突破したVTuber。ダンディな声ですよね。この人も歌が非常にうまい一人です。
  • 両者の共通点は「歌唱力の高さ」。あと、バーチャルゴリラが初めて歌ってみたを投函した際に富士葵への言及があり、先輩後輩*5としてゆるいつながりがあるのかもしれません。

 

参考動画:富士葵

www.youtube.com

 

参考動画:バーチャルゴリラ

www.youtube.com

 

5. てーへんだ!アカリちゃん

f:id:wasasula:20190124182337p:plain

  • ミライアカリと田中ヒメのお悩み相談(?)コーナー。双方とも運動量がヤバい。

f:id:wasasula:20190124211213p:plain

  • 途中登場する左の「やみ」は「ココロヤミ」というミライアカリの派生キャラ。別人格で、たびたび動画に登場する。一方、右の「ひかり」はおそらく初出。
  • 2人の共演経験は、この手のイベントを除けばコラボ動画が1回切り。まぁメイン6人の枠って感じですね。

 

7. ひなたちゃんは登校中

f:id:wasasula:20190124213616p:plain

  • 随所に出てくるPUBGネタ。猫宮ひなたとPUBGの関係は前編を参照のこと。

 

8. うんちく横丁

f:id:wasasula:20190124214439p:plain

  • 「シロちゃんの動画は為になるなぁ」
  • というシロの語録が由来と思われるコーナー。どちらかといえば本来の用法たる「豆知識披露」に沿ってますね。
  • ちなみに写り込んでる実写の人間はドワンゴ関係者との噂アリ。
  • なお、訪れるゲストはローテーションっぽいですが、初回ゲストの月ノ美兎と彼女は「清楚」つながりという点で共通していたり。これについては後述。

 

9. 委員長、3時です。

f:id:wasasula:20190124220940p:plain

  • 月ノ美兎とにじさんじメンバーとのトークコーナー。
  • ゲスト登場したのは剣持刀也。委員長の少しだけ後輩にあたる人物。

f:id:wasasula:20190124235841p:plain

  • 議題について。選ばれたのはBで、これは月ノ美兎が実際に似たような状況に陥ったことがある。詳しくは「わたくしで隠さなきゃ」で調べられたし。
  • なお、配信中にBLゲーをプレイし、実際にBANされた人もにじさんじ内にいる。気になった人は「鈴鹿詩子」で調べてみてね!

 

剣持刀也について

f:id:wasasula:20190124220956p:plain

  • 作中でも顕著でしたが、トーク能力が高いVTuberの一人。にじさんじ内はおろか、男性VTuber全体でみてもトップクラスの登録者数を誇る。
  • なお、デビュー時に月ノ美兎に「剣持力也」とタイポされてしまい、以降彼のイジりネタの一つとして定着している。
参考動画

www.youtube.com

 

10. ユニティちゃんはコロがりたい

f:id:wasasula:20190125000810p:plain

  • ユニティちゃんこと、大鳥こはく。Unityのイメージキャラクターであり、昨年末に「バーチャル女優宣言」も行った、ある意味ではVTuberの先達。CV:角元明日香。
  • VTuberとの絡みは現状そこまで多くはない。昨年末の大型歌番「Count0」にて登場したくらいか。
  • ここだけおそらく純粋なCGアニメ。ゲームディベロッパーのジェムドロップが担当している。
  • 画面内の小ネタが相当豊富。左にいるロボットもVRChatの基本アバターだったり。
  • ちなみに、ユニティちゃんが遊んでいたのはおそらく『いっき』か。

 

11. ケリンスレイヤー

f:id:wasasula:20190125002321p:plain

  • 表題にもなっている出演者はヤミクモケリン「コンギョ」を流しながらミサイル発射に象徴される、これでもかという過激派のお笑い路線。個人勢から出発して現在はupd8所属。人気はかなり上位。
  • タイトルは言わずもがな『ゴブリンスレイヤー』のもじり。ちなみにケリン自身はダークエルフである。
  • 絵コンテ芸がポプテピをリスペクトしたものなのかはなにもわからない。

 

参考動画

www.youtube.com

 

12. 聞いてよ しすたぁ!

 個人的にこれが一番ハイコンテクストな気がします。

f:id:wasasula:20190125172710p:plain

  • シスター役のこの人はシスター・クレア。にじさんじ所属で、後発デビュー組の中でもかなりの人気がある人。非常に正統派のヒロインだが、たまにびっくりするような行動をすることも。

f:id:wasasula:20190125173934p:plain

  • 告解にくるこの子はときのそら。2017年9月から活動している古参の一人で、彼女も歌唱力に高さに定評がある一人。メジャーデビュー予定。
  • 両者の選出理由は不明。憶測としては「両者とも清楚(真)である」ということか。

 

補足:VTuber業界における「清楚」について
  • VTuberの中で主に「清楚」と呼ばれるのは、電脳少女シロと月ノ美兎の2名。しかし、前編の参考動画を見れば分かる通り、この「清楚」とは原義通りではない。「先の2名のようなありよう」が、この界隈におけるジャーゴンとしての「清楚」であると思ってもらえればよい。
  • これに対し、ときのそらは正統派アイドル路線であり、裏表のない真っ当な言動から、「清楚(原義)」として扱われることが多い。*6
  • シスター・クレアも同様に、透き通るような癒し系の声、普段の清らかな言動などから、他ならぬ月ノ美兎を引き合いに出した上で「清楚(原義)」として扱われることが多い。*7

 

【以下ニコニコ大百科記事も理解の一助になるかと】

dic.nicovideo.jp

 

参考動画:シスター・クレア

www.youtube.com

 

参考動画:ときのそら

www.youtube.com

 

EDについて

f:id:wasasula:20190125190241p:plain

 これまでゲラゲラあわただしくしていた2人から、とんでもなくかっこいい歌声が出てきてビビった方もいたのではないでしょうか? そう、ヒメヒナは歌唱力も図抜けていたりします。

 なにせこの2人、全VTuber動画の中でも最多の再生数を稼ぎ出した歌ってみたを投稿しています。ぜひ一度はご視聴あれ。

www.youtube.com

 

次回予告について

f:id:wasasula:20190125191951p:plain

  • 次回予告に出てきたのはもちひよこ。ENTUM所属の人生2週目つよつよ幼女。
  • 見た目は幼女だが3Dモデリングのプロ。その腕前は企業案件を担当するほど*8
  • 「みんな幼女にな~れ★」→特に次週には関係なかった★

 

参考動画

www.youtube.com

 

「ところで途中に入ってた素人っぽいものは……?」

f:id:wasasula:20190128235213p:plain

 これは「みんなのバーチャルさんはみている」という視聴者参加型コーナー。おそらく現在進行系で活動中のVTuberか、本当にこれが初デビューとなる素人かと思われます。

secure.nicovideo.jp

 使用されているのは『カスタムキャスト』というアプリ。あの『カスタムオーダーメイド3D2』の発展形にして、全年齢対象のアバター作成ツールです。このツール、オダメのメーカーたるS-courtとドワンゴが共同で作っているので、つまりはそういうことです。

 

第1話までまとめ

 以上までが、『バーチャルさんはみている』の第1話……というより、番組そのものの解説になります。

 これ以上のネタ補足は「重箱の隅をつつく小ネタ解説」になってしまいますし、正直この映像の深追いより、気になった人のメジャーな動画を後押いするのが一番よいと思います!

 あと、2話、3話については特に追加で解説すべきネタがそこまで多くないため、こちらはなんかタイミングを見計らって出すくらいに留めておきたいですね。(委員長コーナーのゲスト解説、次回予告ゲスト解説あたりはやっておきたい)

 そんなこんなでみなさん! 次は『バーチャルさんはみている』の理解ではなく、気になったVTuberの理解にはげんでいきましょう!

 バーチャルさんを見届けた人は、バーチャルさんになれる資格があるのです。

 

 

*1:Twitterアカウントは個別で保有。

*2:こちらの体裁は、ゲームというメインの活動の間にやる「息抜き」ということらしい。こちらの動画も参照。

*3:小林幸子×ミライアカリ バーチャルキャストスペシャル - ニコニコ生放送

*4:直近のイベントは「ニコニコ超パーティー2018」「バーチャル大晦日2018」「NHK バーチャルのど自慢」(※企画にドワンゴが関わっている)など。

*5:ちなみに活動開始時期は、富士葵は2017年12月、バーチャルゴリラは2018年1月。

*6:余談ではあるが、eスポーツ大会「RAGE」内のイベントにて、「清楚」たる月ノ美兎とチームを組んだことがある。

*7:にじさんじ内においても「清楚」は定番中の定番のネタとして扱われる。「誰が最も清楚か?」を競うコラボ配信が企画されるほど。

*8:具体的には「ヤッターマンのVTuber化」にモデリング担当。