うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

「小説家になろう」ハイファンランキング観察日記(6/19~6/25 / 6/26~7/2)【終】

 なにか忘れていると思ったらこの観察日記だった。完結に安堵して完全に更新を忘れていた始末よ。

 こちらもキリが良いのでいったんこれで日記をつける体裁は終わりにしようと思う。なので振り返りもざっくりと。

 

【この前のランキング】

wasasula.hatenablog.com

 

f:id:wasasula:20170712221858p:plain

表1. 日間ランキング(6/19~6/25)

 

f:id:wasasula:20170712221920p:plain

表2. 日間ランキング(6/26~7/2)

 

f:id:wasasula:20170712222010p:plain

表3. 週間ランキング(6/19~6/25)

 

f:id:wasasula:20170712222043p:plain

表4. 週間ランキング(6/26~7/2)

 

 眺めていて思い出したのは「ドラゴン多いな」という気持ちである。少し前まではスライムがそこそこ上位にいた気がするが、実力だけでなく外見も最強モンスターになりたいということだろうか。いずれにせよ、非人間主人公モノは常に一定数存在するというのは、「小説家になろう」の一つの特色であることは疑いない。

 そして、今まで言及していたか忘れてしまったが、「書籍化が決まるとランキング上位に再浮上する」という点も特徴的だ。特に発売日が近づくとランキング20位以内にひょっこり顔を出すことが多い。書籍購入前に確認とかするのだろうか。それとも「ご祝儀」のブクマや評価が存在するのだろうか。まだまだ謎は深い。

 

 この「小説家になろうランキング観察日記」は、4月の末からだいたい2ヶ月ほど続けていた計算になる。わかったのは、日間については、かなりの頻度で作品の入れ替わりが発生すること、ある週の1位が翌週どこかへ転落するケースも大いにしてあること、そしてごくまれに長期日間入りしているケースもあり、そうしたタイトルは書籍化の晴れ舞台に立つ可能性が高い、ということだ。

 つまるところ、傾向こそ(それこそ異世界俺TUEEE系)が偏っているとしても、あぐらをかき続けられるような生ぬるい環境とは限らない、ということである。なろうランキングという魔窟は、日夜しのぎを削る地下のコロッセオだったのだ。

 そうしたことを、毎日毎日確認していると、スコッパーと呼ばれる人たちが存在する理由もわかってくる気がする。この中にない、誰も発見していない逸品に出会いたい。まさに冒険心がランキングの奥底をスコップさせるのだ。

 そういったことがらを間近に見て理解することができたこの観察日記は、「なろう連載」に並んで、意義のある営みだったと思っている。今後定期的に観察してランキングを公開する、ということはまぁいいかなと思うが、ウォッチだけは続けてもいいと思っている。先にも述べたとおり、日間は流動性が高く、そしてとんでもない爆弾がいつ現れるかわからないからだ。

 

 思えば4月から6月は、なろう漬けの日々ともいえる異様な3ヶ月だった。幸いだったのは、無駄ではなく、実りある3ヶ月だったことだ。

 新年度の初発をこうして過ごせたのは暁光かもしれない。だからこそ、2017年の残りを全て消費に費やすのももったいない。機動力が高いこそが、Web小説の醍醐味なのだ。あと一発か二発ぐらい、今年はなにかしら打ち上げていきたいものである。