うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

「小説家になろう」ハイファンランキング観察日記(6/5~6/11 / 6/12~6/18)

 先週はシノアリスくんへの憤りが強くなってブログを更新しきった気になっていた……おのれシノアリス。いつかお前のシナリオ書いてやるからな(ねじれた逆恨み)。

 さて、2週分たまってしまったので、まとめて観察日記をつけるとしよう。

 

【2週前のランキング】

wasasula.hatenablog.com

 

ランキング概観

f:id:wasasula:20170619214653p:plain

表1. 日間ランキング(6/5~6/11)

 

f:id:wasasula:20170619214706p:plain

表2. 日間ランキング(6/12~6/18)

 

f:id:wasasula:20170619214729p:plain

表3. 週間ランキング(6/5~6/11)

 

f:id:wasasula:20170619214744p:plain

表4. 週間ランキング(6/12~6/18)

 

 この2週間を通して見てみると、かなり上層部の変動が大きいことがわかる。

 単純に1位だけの変遷を眺めてみると、

 

 ニート体質な魔王の娘

 →シェイプシフターのおっちゃん

 →アイテム創造スキル

 →魔術書(転生)

 →最強スライム(転生)

 

 と、コロコロ変わっている。いずれも「最強」という接頭詞をつけることは忘れないが、それさえあればカテゴリはかなり自由度があるなと、あらためて感じる。

 基本的に、「最強の主人公」が、「苦もなく人生を謳歌する」という「ストレスレス」なフォーマットさえ守られていれば、なろうの読者は両手を振って迎え入れてくれる。外部から見れば異様な民族集団と映るかもしれないが、「作法」さえ心得れば、暖かく歓迎される文化圏なのだ。たぶん。

 若干茶化しかけたが、「ストレスレス」という要素はやはり大事で、実際自分の連載中ではそこそこハラハラする展開の回ではあまり盛り上がらないが、イチャラブさせるとブクマもアクセス数も湧き上がる光景を目の当たりにしている。上掲作品のうち、ニート魔王の娘は半分くらい読んでみたが、ゆったりストレスレスでヒーリング効果はバツグン。仕事帰りの疲れた頭には、やはりこういう作品が求められていそうだと、実地経験も相まって痛感した次第だ。

 

 ちなみに、ここ最近は非人間系も強いように感じる。やはり「最強のスライム」というのは鉄板めいたところがある。このような非人間系の代表格といえば『オーバーロード』で、それをとりあげた数年前の「ねとぽよ」の記事を思い出した。

 

news.netpoyo.jp

 

 この頃から、そのあたりの土壌は変わっていないということだろう。「人生は諦めきったから、いっそ魔物になろう」的な、後ろ向きか前向きかよくわからないロジック。実際、上記の最強スライム(ドラゴンに育てられた)も「全てがめんどくさくなったのでスライムに転生した」という、なにか連環を感じるあらすじを用意している。

 絶望ではなく、諦観から始まる転生。さて、その次はなにから転生が始まるのやら。

 

 

 以上で6/5~6/18の2週にかけての観察日記とする。

 さーて、僕も書かねば。あまりストレスを書ける展開とならないように努めたいが、はたして。