うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

「小説家になろう」ハイファンランキング観察日記(5/8~5/14)

 なろう観察日記が今回で1ヶ月継続と相成った。ひとまずめでたい。いや、なにがめでたいかまるでわからないけども。

 でもなー! これが異世界ならなー! かわいくておっぱいのでけー美少女奴隷に「さしがです!」ってほめてもらえるんだろうけどなー! けどなー! カーッ!

 というわけで5月第2週目のランキング観察日記を以下につける。

 

【5/1~5/7のランキング観察日記】

wasasula.hatenablog.com

 

 

ランキング概観

f:id:wasasula:20170515230828p:plain

表1. 日間ランキング(5/8~5/14)

 

f:id:wasasula:20170515230837p:plain

表2. 週間ランキング(5/8~5/14)

 

ここに異世界転生者がまぎれこんでいます。

 先週、新木伸の新連載が「なんかぱっと見、異世界転生じゃね? ランキングエラーじゃね?」と疑ってしまったという話をした。

  ただ最初は、「引きニート」という単語から「これ異世界転生じゃない?」という疑念から注視していた。まさかのランキング機能不全か……? と心配になっていたのだが、実際は「異世界現地人の引きニート」というものだった。やはり戦地と言えども騎士道は守られている。

「小説家になろう」ハイファンランキング観察日記(5/1~5/7) - うらがみらいぶらり

 

 これと似た事象が今週も発生した。以下の作品である。

ncode.syosetu.com

 

 「さてはかの大先生のフォロワーかな?」と思い1話目を確認してみると。

「平凡な人生だったなぁ…………」

 自分の今までの事を思い返すと、その一言だと思う。

 田中良介、35才のサラリーマン、友達のほとんどが結婚して家庭を持ち家族サービスをしているだろう連休に、1人バイクで海岸沿いをツーリングしていた時の事だった。
 対向車線を走っていたトラックが自分に向かって突っ込んできた。

 

転生したので・・・・ - プロローグ

  これは疑いようのない異世界転生。マジモンのランキングエラーが発生していたのだった。

 しかし、運営による強制パージがあったのか、作者によるメンテンスのおかげか、5/10(水)を境にハイファン側のランキングには現れなくなった。とはいえ、一時でもジャンル違いの作品が出てくる事象と巡り会えたのは貴重である。

 ちゃんと当該作品の付随情報のウォッチまでしていなかったが、なにをもって転生者を現地人たちの戦地に誘う結果となったのか。ランキングに潜む抜け穴を通る転生者を、あと何人見かけられるだろうか。

 

最強スライム増殖の兆し

 一方、ランキングの上位陣といえば、先週から上位に君臨する「現地人最強スライム転生」に加え、5/14(日)には新たなスライムものが発生している。

 なろうのスライム系列な作品といえば、有名なタイトルが一つ存在する。書籍化作品、『転生したらスライムだった件』だ。

転生したらスライムだった件1 (GCノベルズ)

転生したらスライムだった件1 (GCノベルズ)

 

 コミカライズまで進展し、いまちょうど地上波でCMを見かけることもある有名所。詳しくは調べていないが、「スライムもの」のアルファといっても差し支えない作品だろう。

 このフォロワーにも見える作品がハイファン側でも現れ始めたのは、ひとえにCMの影響か、はたまた別のファクターか。人外転生はランキング上位でも見かけるカテゴリーだが、殊にスライムが増殖しつつあるのは、なにかしらのムーブメントといえるかもしれない。もっとも、なろうの戦地において、そのムーブメントはあっさり切り替わるものだということを、今の僕は知っている。

 

 

 5/8~5/14の観察日記は以上である。

 ところで、「最強の最弱」という旨味あるラベルを得られるとしても、手足のないスライムに転生するといろいろ不便そうな気がして、どちらかといえば転生したくない気もするが、どうだろうか。でも形は自由に変えられるかもしれないし、足元から美少女騎士の下着に潜り込んでクリトリスへのダイレクトアタックとかできそうだし、それは楽しそう。あぁたしかに、スライム転生は夢があるかもしれない。