うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

エロゲで見かける「あのキャラクターのクローン体」について

 先日、知人から以下の画像が送付されてきた。

 

f:id:wasasula:20170201125059p:plain

出展:『彼女と俺の恋愛日常』(Parasol)

 

f:id:wasasula:20170201125806j:plain

 思わずこんな顔になった次第だ。

 もとより声優ネタで「金剛カレン」というものはあったが、これをアリス・カータレットと合体させ、「カナダ出身」という工作を施すことでエロゲヒロインに変えてしまう、その手腕に脱帽した。アリス・カータレットが好きだった納豆を「嫌いな食べ物」に設定しているのも味わい深い。

 

 とはいえ、このような「人気のキャラのクローン」がエロゲに現れることは、さほど珍しいことではない。むしろよくあることだ。

 最近の例に限っても、きんモザだけでなく、ごちうさも「クローン元」に選ばれている。

 

f:id:wasasula:20170201130611p:plain

出展:『炎の孕ませおっぱい★エロアプリ学園』(SQUEEZ)

 

 B114のOカップではあるが、いろんな要素が宇治松千夜である。「甘猫庵」という変え方が絶妙だ。しかもよく見ると「緑茶で酔っ払う」という設定まで有し、内面にシャロまで取り込んでいることが伺える。

 「いやいや、さすがに偶然でしょw」と言う人もいるだろう。だが、

 

f:id:wasasula:20170201131019p:plain

同じく、『炎の孕ませおっぱい★エロアプリ学園』より

 

 子宮が "ピョンピョン" してしまうのである。クローン体であることを疑わない方が、むしろ不自然であろう。

 

 なにもまんがタイムきららだけではない。上掲の『炎の孕ませおっぱい★エロアプリ学園』(本当にめまいがするくらいステキなタイトルだと思う)には、SAOのアスナ(っぽいPカップの陥没乳首)もいたり、デレマスのアーニャ(っぽいVカップ)もいる。胸だけ大きくなったそっくりさん、と書くと、なかなか奇妙な存在だ。

 

 デレマスといえば、城ヶ崎美嘉もクローン体が多い。こちらはエロゲ以外にも出没しているようだ。

 

 特にこのへんは見た目の一致度が高い。

f:id:wasasula:20170201133055p:plain

出展:『聖・逆レイプ学園~俺の精液を根こそぎ搾り尽くすオンナたち~』(ディーゼルマイン)

 

 こちらは同人ゲームなのでまた勝手が違うかもしれないが、ここまで似てしまっても大丈夫なんだ……という妙な安心感を得られる。

 

 

 直近で見かけた「クローン体」はこんな感じだが、いずれも共通しているのは、「その時流行している作品のキャラ」が複製元に選ばれるという点だろう。実際、「PC-98時代にどう見てもダンバインのキャラの脱衣麻雀があった」という話も聞いた。あと、ミドルプライスの作品だと出現率も高いらしい。

 こうしたキャラがエロゲに発生する詳細なプロセスは、業界の人間ではないので知る由もない。ただ、「芸能人の◯◯似」という触れ込みのAVが数多く出回っている現状を鑑みると、本人ではなく、「本人のそっくりさん」でシコりたい欲望は存在するのだろうと考えられる。

 ただ、二次創作で本人と性交が可能な二次元であっても、その欲望が生まれているのかは分からない。そして、そんな欲望が強いて生まれることは、個人的には不思議な気持ちになる。「似てるけど本人じゃない」という意識が、良心の呵責を抑えてくれたりするのだろうか。

 もっとも、わざとそうしたキャラを仕込むことで、話題作りをしよう、という作り手の事情に過ぎないのかもしれないが。

 

 こうしたエロゲにおけるクローン体は、この世にどのくらい生産されたのだろうか。もし「生産リスト」を作成できれば、当時の流行も追うことができて、貴重な史料になるかもしれない。

 そして、クローン体でシコる時の気持ちは、いったいどのようなものなのか。あるいはシコり終わった時、クローンのまま捨てられるのか、クローンとは別の存在として生まれ変わるのだろうか。