読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

なにが「かわいい」で、なにが「スケベ」なのか?そのはざまはなにか?

CLIP えっちな話 イメージ

 常日頃考えているのは、「かわいい」と「スケベ」の境目とはなにか?ということである。

 例えば、以下のイラストを見た時に、どのような印象を抱くだろうか。

www.melonbooks.co.jp

 僕がなぜこれを載せたかといえば、たまたまTwitterのタイムラインに流れているのを目撃し、不意に海綿体のざわめきを感じたからである。

 つまり、僕はこのイラストを「スケベだ」と感じたのである。

 だが、イラストのタッチはどちらかといえばかわいい系だし、乳首も性器も露出されていない。少なくとも、対魔忍アサギのようなものではない。感度3000倍のアヘ顔は、ここにはないのである。

 だが、100%がかわいい(≒性的な要素は皆無)と断言はできない。巨乳に水着、首輪に誘うようなポーズ、赤らめた表情などは、スケベの文脈として見出だせる。

 「かわいいのにスケベ」

 そんな奇妙なイメージがある。だが、普段はそれを「奇妙」だとはほとんど感じない。それが、不思議なのである。

 

 ここでしばらく妄想を記す。例えば「巨乳」「パンチラ」「肌の露出」といった要素は、美少女よりのオタク文化圏では「かわいい」という意味合いを有しているような気がする。

 それらは、一般的にはセクシャルなイメージだし、公共の場ではお上品とはいえないものである。端的に言ってしまえば「スケベ」なのだ。だが、それを「かわいい」「萌え」などと表現する文化、文脈は、たしかにある。

 そして、それは突き詰めれば「個人の経験値」ともいえる。早い話、ネギま!で青春時代を過ごした人にとって、パンチラは「女性キャラクターのかわいさ演出」程度のものとしか感じないだろう。それは、表現に対する慣れの問題であり、ネギま!を不健全図書と感じるお母様方が怒り心頭になるのは、その表現自体に不慣れだからだ。

 人によって、「かわいい」と感じるか「スケベ」と感じるか変化すること。これはよくよく考えると興味深い。そして、「かわいい」と普段は感じているものも、見ように酔って「スケベ」と解釈することもできる。それもまたおもしろい。

 「かわいい」と「スケベ」は地続き。そんなことを感じるのである。

 

 では、上掲のようなタペストリーを買い求める人は、それを「かわいい」から買うのか。「スケベ」だから買うのか。「かわいい」と「スケベ」、どちらに重きを置いているのか。

 あるいは描き手の側は? 「かわいくてスケベ」なイラストを記す時、それを「かわいい」のアウトプットとして描くのか? 「スケベ」のアウトプットとして描くのか? あるいは、その両方が入り交じった感情か?

 買う人でも描く人でもない自分には、このあたりの勘所がつかない。そして、興味をそそられる事象でもあるのだ。

 

 もう少しきっちりまとめたいのだが、今日からFGOのイベントが始まってしまうので、とりあえず問題提起だけ書き残しておく。

 あっ、どうでもいいけど20連でイシュタル2枚引きました(自慢)