読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

Copy__writingと青春基地、「他人のことばを自分のことばにしてしまう」ということ[2016.02.01追記]

 昨日からずいぶんと騒ぎになっていた。コピペ&無断転載クソヤロウアカウントはたださえ地獄なのに、それが「10代が記者をするWebメディア」のインタビューを受けたのだから、もう末法です。諦めてみんなで仏門に入りましょう。

 ただ、仏門に入る前に、今回はどういう騒動になっていたのかはまとめておくべきだとは思う。仏門に入ってもスマホからボタン一発で対応できるようにしたい。

 

昨日までのまとめ

nlab.itmedia.co.jp

 Copy__writingの主なツイート内容は、

  • 偉人や名著の引用
  • どこかで見つけたツイート、Tumblrの引用(出展明記無し)
  • おしゃれな手芸画像の無断転載(しかも和菓子と間違える)
  • 営利なPVツイート(だいたい10ツイートに1ツイートくらい)

 というもので、ざっくり「営利目的PV稼ぎのコピペ無断転載」とまとめられる。悪質具合はここで語ってもしゃーなしなので各自ググるといいでしょう。

 そしてCopy__writingの中の人が、「青春基地」とかいうニュースメディアもどきのインタビューを受けた。表舞台に出てきた上にクリエイター気取りの発言をしたため、インターネッツのサバンナがたちまち燃え上がった。

 しかも発言内容までコピペではないかと疑われる始末。できすぎ。カンでドラ4乗せるアカギかよ。

 

penguin-diary.hatenablog.com

 

 ちなみに中の人間についての調査も進んでいるらしい。

kyoumoe.hatenablog.com

 

「 バックアップ」作成

  今朝、シレッと @Copy_writing_3 とかいうアカウントが生まれているのを目にした。

 ご丁寧に「凍結の恐れがあるのでバックアップを作りました」とまで言ってくれる。凍結の恐れじゃねーよ水道全部凍結しろ。

 しかもこれ、「凍結に備えた複数アカウントの作成」となるので、最新のTwitterルール*1にモロに抵触する。みんなで凍結申請しような。

 

「青春基地」とは

 今回のバトルフィールドになった「青春基地」も目が離せない。「10代の編集者を採用」しているというきな臭い触れ込みのサイトであり、インタビューをしたのも森 美加さんという17歳の女子高生*2らしい。

 で、この謎のメディアサイトをちょっと掘ってみると、運営代表は慶應SFC3年生の石黒和己という人物。出自を見ていくと、小4なりすまし事件*3で話題になった「僕らの一歩が日本を変える。」という団体に関わっていたとわかる。最高に真っ黒である。

 こんな出自だし、「青春基地」が抱えているとされる「10代の編集者」も全部架空の存在じゃないかと疑われる。「マックの隣の女子高生メソッド」はかつて一世を風靡したけど、それが現実にきたと思うとふるえるふるえる。

 

その後

f:id:wasasula:20160128235253p:plain

 垢消しに至った。一夜で2万近くフォロワー減ったりいろいろあったからね。

 そして @Copy_writing_3 の方はちゃっかり「Copy_writing(公式)」になってた。計画的垢消しだ。

 自分から消したということは、30日以内に自分から復活可能ということであり、ほとぼりが冷めた時にしれっと蘇る可能性がある。そんな感じの前科もあるらしい。

 リアニメイトは許してはならない。再生した瞬間を狙って必ず追放させましょう。

 

自分の口から発して「自分のことば」にしてしまう人々

 Copy__writingの数々のキチガイ行為には「コピペと自分の言葉の区別がついてないのでは」という指摘もある。これは一理あるというか、自分の口から発して、あたかも「自分のことば」かのように錯覚しているのではないだろうか。

 本の上や、流れてきたRTの上では「誰かのことば」でしかないが、それを自分の口から発してみると、まるで「自分で考えてしゃべっている」ように感じることがあるだろう。飲み会でオッサンが得意気に偉人の言葉をしゃべり出す時を思い出せばいい。その顔は間違いなく自己陶酔のドヤ顔だ。

 Copy__writingがRTをせず「自アカウントのツイート」として発しているのは、「自アカウントのツイート」とすることで、あたかも自分が生み出したことばのように感じられるから、という可能性は十分に考えられる。

 自分ではなにも生み出せなくとも、「自アカウントのツイート」として「誰かのことば」を間借りすれば、あたかも創作したかのように感じ、何も知らない人には事実そう見える。「繊細で、心に刺さるような言葉は特に10、20代に人気。」と女子高生(架空)に言わしめる認識の改竄が、コピペツイートには内在している。

 そういう人間に対し、「お前はインターネッツで未来永劫なにも生み出せない」と突きつけ、速やかに放逐する必要はあるだろう。

 

余談

 凍結の知らせは比較的早く知った。というのも、Copy__writingのフォロワーを一括取得し、そのアカウントをひとつのリストに放り込んで普段の発言を観察する計画を実施中だったからだ。

 

manablog.org

 

 ここを見ながら自宅PCにXAMPPをぶち込んで*4APIを叩いていたのだけども、途中でWarningが出て中断される。何事かと思ってvar_dumpを仕込んでみたら。

 

 

 サムズアップと同時に膝が崩れ落ちた。1172114分の145000アカウントしか取得できなかったので、計画は早くも頓挫した。一瞬でも湧いた僕の情熱を返してくれ。

 とはいえ、145000もサンプルはとれたので、その観察はしようかとは考えてる。user_idしか取得できてないので、別個screen_nameを取るようにAPIを叩いたげる必要があるけど。

 

 パクる者とそれを攻撃する者。どれをとっても地獄である。

 

f:id:wasasula:20160129001702p:plain

 

 

その後の顛末[2016.02.01追記]

 @copy__writingは削除されたままで、バックアップこと@Copy_writing_3は凍結された。と思っていたら、@New_CopyWritingというアカウントが出来上がっていた。

 一応、「誤解を招いて迷惑をかけたのでアカウント削除し再スタートした」とのツイートが見られる。反省して名著引用botになったようだ、と見せかけてさりげなくブログからの引用とかもあったりする。もちろんリンクは貼っていない。何ヶ月で元の状態に戻るだろうか。

 「このページは存在しません」のスクショにエジソンのことばを添えるプレイングも実にこうばしい。「失敗じゃなくて故意の悪事ではなかったのですか?」と誰か質問してみよう!

 

 そしてバトルフィールドになった「青春基地」では釈明文が公開された。

 TwitterアカウントCopy writing、Fall™さんの記事に関する騒動につきまして – 青春基地

 雑に要約すれば「お騒がせして申し訳なかったけどインタビューしてくれた高校生を尊重したいし本人も反省してるっぽいから記事は取り下げない方向で頼みますよ〜」というところ。

 まずは高校生を盾に出してくるスタイルに、縦割り班の課外活動のようなぬくもりを感じる。きっと架空なんだろうけど、「あぁ、女子高生も反省しているんだ」となるんだから、インターネッツはちょろい。

 こんなゆるふわでもネットメディアはやっていけるのだと勇気づけられるし、全国のカルマレッドゾーンなブロガー各位も、架空の女子高生ライターを用意してバンバン攻めていけばいいと思う。僕もかわいい女子高生ライターが書いている体で今後ブログを更新しようと思う。クソアニメについて語る女子高生、きっとかわいいし許されますよね。