読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

プリリズ知識ゼロで『KING OF PRISM by PrettyRhythm』を観に行ったら、Over The Sunshineになった

f:id:wasasula:20160125003237j:plain

 「キンプリ」こと、『KING OF PRISM by PrettyRhythm』を観に行った。というより「初見での感想が聞きたい」という某氏によって観賞に誘われた。半ば拉致、そして人体実験である。

 その感想だが、

 

 ヤバい。

 

 ヤバいヤバいヤバい。

 

 とにかくヤバい。そしてすごい。

 

 とりあえずプリリズ知識はほぼ皆無であり、「フィギュアスケートだけど飛んで光って技をキメる」みたいなものという認識しかなかった。男のユニットもいたかな、という程度の認識。ズブの素人状態だった。

 

 その状態で観に行ったら、イケメン3人が氷の上で踊り(うち一人はギターを弾いている)、「これがプリズムショーかー」と思っていたら、突然ハグされ、燃やされた。そしてママチャリが全力疾走を始めて、E.T.になった。もうなにがなんだかわからない。わからないけど僕の心は告げていた。「これはとんでもないことになっちゃったぞ」と。

 その後は主人公とおぼしき少年が学院に入学して、なるほど男性プリズムショーがこの世界では人気なんだと思っていたら、路地裏でヘッドスピンが始まり、剣とドラゴンが召喚されていた。と思っていたら、美尻からミツバチが放たれ、ハグされていた。

 もうどうすりゃいいんだ。僕の顔は泣き笑いでぐしゃぐしゃ。理性はとっくに過呼吸を迎え、脳内でエレクトリカル・パレードが峠をドリフト走行していた。

 しかしプリズムショーは終わらない。Over The Rainbowという3人ユニットが、なぜか古代ギリシャの格好になったと思ったら、天から電車が舞い降りた。「For Hollywood」って。どうしたらいいのこれ。そして旅立っていった。Hollywoodに。すげえって。それでステージが終わっちゃうの。

 でも終わらない。主人公が颯爽と現れ、観客の間を華麗に滑走。消えていた客のサイリウムが灯った直後、未成年の主張が始まる。そして主人公の心の服が脱げると同時に全裸になり太陽を抱きOver The Sunshineになった。そう、Over The Sunshineに、なっていたのだ……

 そして最後、全裸羽扇仮面三木眞一郎に、全裸の蒼井翔太が現れ、「グロリアス・シュワルツ!!」とチャントされ、本編が終わる。

 

 以上で上映時間は70分。だが体感時間は分とかhourとかではない。もはや時間ですらない。Over The Rainbowで、Over The Sunshine時空を超えた世界がそこにあったのだ。

 全身の穴という穴からウランを流し込まれ、落雷を頭に落とされたような体験で、観賞直後は言葉が発せず、帰りの電車は立っているのがやっとの状態だった。うわごとのように新宿線の中で「キンプリ……すげえ……」とつぶやいている人を見かけたのなら、それは僕です。

 とにかく、言語化するのも困難な状態で、今でも軽く息が上がっている。理解がおっつかないが、脊髄は確かに幸福信号を返している。一日寝て咀嚼したいし、可能ならもう一度足を運びたい。

 

 一言だけ言えるのは、「キンプリ、すごいよ」です。絶対観に行った方がいいです。マジで。