うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

「今期ってもしかして荒野なんじゃね?」という感じの2016年冬アニメ感想

 前期は忙しくてあまりアニメを追えなかった反動か、今期は飢えた獣のようにいろんなアニメを見ている。だいたい放送枠の8割くらいはタッチし、何気に人生で一番多くアニメを見てる気がする。

 で、作品ごとに感想を書こうにも、元来マジメな方ではないので、1話だけ感想を書いて放置、みたいなパターンばかりやらかしている。それもどうかと思うので、1〜2話ぐらいを、数作品まとめて書いてみよう、という発想に至った。

 というわけで今期目を通したアニメの感想をざっくりざっくり書いてみる。

 

無彩限のファントム・ワールド

 一言で述べると「京アニ謹製ISUCA」である。

 むしろ「放課後退魔アクション」をISUCA(アニメ)以上に忠実に行っているので、「ISUCAよりISUCAしている」という、なんだかよくわからないことになっている。まさに「ISUCA2.0」とでも言うべき逸材である。

 また、武田弘光御大が即座に反応を示したオーラは本物だろう。「デカパイのJKがガニ股リンボーダンス」*1は、ヘタに衣服をひん剥くよりもスケベ感が生まれてくる。けいおん以来の「見せないパンチラ」も健在だ。とはいえ従来の京アニと比較すれば露骨すぎるレベルでスケベである。

 とはいえ、やってることは「テンポの良いISUCA」でしかないし、リンボーダンスがなければ絵が動くだけの虚無である。逆に言えば、巧みなスケベをぶち込むことで虚無化をかろうじて防いでいるので、そこは見事な采配といえるかもしれない。けれども「スケベ要素が話題になった京アニ」として、甘ブリを忘れていませんか。

 

ディバインゲート

 つらい。今のところ今期で一番つらい。

 薄ら寒い厨二成分MAXな雰囲気は「味わい深い」と言えたとしても、異様に引き伸ばされた体感時間と、スキあらば差し込まれるポエムによって、心が確実に虚無へと誘われる。専門用語も豪雨のように降りかかり、しかも説明はほぼほぼ存在しない。心に残るのは妙な円卓を囲む若者とポエムだけである。

 キャラがゴロゴロ出てきて話が意味不明になるのはソシャゲアニメでは珍しくないが、ディバゲの場合は設定のカラーによって「なんだかよくわかんないけど厨二臭え」という感想になるので、これまた苦しい。だからといってWikipediaで設定先読みをすると、想像を絶する「男の子の厨二妄想ライブラリ」と鉢合わせ、一部の人間は間違いなく死ぬ。

 「君の心は冷えきっているね」じゃあないんだよ、俺の心が冷えきってるわ。でもスロースタートという可能性も万が一あるかもしれない。

 

ブブキ・ブランキ

 地上波フルCGアニメ。CGの技術力は高い方で、がしゃーんがしゃーんと動くバトルパートはなかなか気持ちいい。アニメ絵っぽいフルCGは『楽園追放』で頭打ちかなと思っていたけど、そんなことはなさそうだと思わされる。

 マジモノのオリジナル作品ゆえに予備知識もゼロ、さらに専門用語連発なので「よくわからない」としか言えない状態である。わかっていることは、ブブキというのが目玉のくっついたすげー武器で、それが合体して巨大ロボットになるくらいである。

 今のところ「技術だけ」で終わってしまいそうな雰囲気もふつふつと感じられる。1話の終わり方は「ビビオペ1話みたいな切り方をしたギルクラ1話」で、早速不安な動きを見せてくる。とはいえどうにでも転がせられそうなので、やはり3話は様子を見たほうがいいと思う。

 

ラクエンロジック

 ブシロード新規TCGのタイアップアニメ。TCGとしては「バディファイト」以来のタイトルで、最初からメディアミックス前提で企画され、TCGはアニメよりも後に発売するとのこと。

 では販促アニメかといえば、劇中でカードゲームは一切プレイされず、異次元のゲートを塞ぐ時にカード状のビームが出てくるくらいである。ノリとしては「異世界の敵を変身してやっつけるぞ!」という軽い感じで、2話までの感触は「ブシロード謹製MF文庫J風ニチアサ」といったところ。頭を空っぽにして観るのが正解だろう。

 立ち位置としてはMTGのバックシナリオに近いと思う。ちなみに、販促にあたる『デュエル・マスターズ』的な要素は、冒頭数分のショートアニメ。それで大丈夫なんだろうか。大丈夫なんだろう。

 

ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション

 まさかのアニメ化。しかも「ゲームプレイヤーの物語」というまさかの形である。

 ノリは完全に販促アニメである。というより進研ゼミマンガに近い。「みんなも終わりなき旅に漕ぎ出そうぜ!ハハッ!」みたいなノリで、美人の生徒会長に脈絡なく副会長に任命された直後、「PSO2をプレイしてレポートを書くように」という指示が下るというイケイケレベルである。CMも「君はプレイしてるだけで満足か?」と言いながら本家ゲームを宣伝するほどで、ラクエンロジックよりもしっかり販促になっているような気がする。

 オーソドックスなキャラデザでオーソドックスな作画だが、戦闘に入るや否やCGに突入し、ブブキとどっちが精巧だろうかと悩むくらいにはよくCGが動く。少なくとも実機プレイ者にはあるあるねーよ感が楽しめるアトラクションになるだろう。ただしノリは進研ゼミなので、時々「えぇ…」ってなっちゃうかもしれない。

 

Dimension W

 漫画原作の割としっかりしてそうなSF。おそらく今期で一番安定しておもしろいと思われる。

 大正義・梅津泰臣を起用したかっちょいいOPに、貧富の格差が存在するタイプの未来都市、羽織を身にまといロングクナイめいたものを投げて戦う主人公など、刺さる人には刺さる要素が散りばめられている。確実にこの手の作品が好きな人いるよね、的な感じである。そして、いろいろと妙で脈絡のない世界観で組み上がった作品の跋扈する今期では、「無難に手堅く良くできている」という感涙必至の仕上がりである。

 設定を聞いて「示現エンジン!?ビビオペか!?」と起立する輩こそいれど、おそらく今期で一番安全で安定するはず。とはいえ、そう信じられていた『GANGSTA.』が最終話でとんでもないことになったことを考えると、油断はできないけれども。

 

最弱無敗の神装機竜

 皆が待ち望んだ石鹸枠。前期の雄『落第騎士の英雄譚』からバトンタッチしたGA文庫からの刺客は、始祖・ISを彷彿とさせるパワードスーツ女子学園モノである。

 開幕3分で屋根踏み抜き女子風呂落下を敢行。Aパート内で決闘を申し渡され、Bパートで主人公の見せ場を作ってヒロインを落とすところまで完備。まさに優等生のような出来栄えである。作画品質は石鹸枠としてはかなり高く、「春日歩デザインが維持されるだけで価値がある」というまちのこえも聞くほどである。全体的に見て、なかなか安定している。

 裏を返すと、尖った要素がないということでもあり、巷では早速「刺激が足りない」「早さが足りない」という声が聞こえている。前期でいうならアスタリスクに近い立ち位置だろう。しかしながら、主人公まで女性声優を起用する石鹸枠は、おそらく至上初と思われる*2ので、そのユニーク性だけでも十分に活躍が見込まれる。

 

灰と幻想のグリムガル

 とにかく背景美術がよい。絵画調のやわらかいタッチの背景でキャラクターが動く映像はかなり癒し系だった。光源処理も、キャラクターにしっかりと木漏れ日があたるようになっているなど、各所が割と細かい。ぼーっと眺めてるだけでも、NHKの自然番組を見ているような感じになれたりする。

 おはなしはいわゆる異世界転生*3なのだが、記憶と能力ブースト、その他特典チートが一切ない状態のスタートである。ほぼほぼノーマルな現代人なのでゴブリンにも苦戦する。そんな感じなので、さくさく敵をぶっ殺すタイプというよりかは、ゆっくり生々しく一日を描くタイプである。これでも原作から端折られているものが多いらしいのだから驚きである。

 総じて映像品質は高くなりそうなので、あとは原作からどう組み立てていくかで評価が二転三転すると思われる。なんとなく今期の安定枠のような雰囲気は感じている。

 

だがしかし

 放映前からスケベ本が量産されるタイプのCV:竹達彩奈がメイン。竹達が駄菓子を食って妙なセリフを吐く。そんな感じの30分が展開される。

 そこまで特筆要素はないが、これも安定して視聴できる枠だろう。良好な作画に安定した声優陣、とりあえず駄菓子を食べるシナリオと、疲弊していても眺められる作品であることは間違いない。

 なお、メインヒロインの枝垂ほたるに竹達彩奈を当てることの是非については、「ワルブレのサツキを見てこよう」とコメントしておく。この狂気で足りないとなると、もう小林ゆうしかいない。

 

少女たちは荒野を目指す

 タカヒロプロジェクト最後の一角。発表は一番最初だったけど、映像化は一番最後という面妖なやつ。

 どこか物々しいタイトルだが、その実体はリターン・オブ・冴えカノである。主人公がオタクではなくなり、安芸某的発起人が黒髪ロングのメインヒロインになっている。

 登場人物を中心にストレスは少なめになっているが、様々な要素が10年前のエロゲじみていて、「古ッッ」と絶句し続けるデストラップが内蔵されている。2016年にもなって「萌え文化とは〜」という口上が始まった時、心は一瞬にしてゼロ年代へ還るだろう。

 まだゲーム制作すら始まっていないのでなんとも言えないが、2話目で主要スタッフがそろうくらいなので、サクサク進める方針だとは思われる。制作舞台裏モノラッシュに乗った感じがするが、それももう『SHIROBAKO』で十分だとも思ったりする。作画はなんだかぬるぬる動いたりして気持ちいい。

 

霊剣山 星屑たちの宴

 中国から放たれた刺客にして、おそらく今期最大のバトルフィールド。僕の観測範囲に限っても、昨年ワルブレえとたま空戦を見ている連中がことごとく視聴している、期待のホットスポットだ。

 中国の人気Web漫画が原作という意欲的な作品だが、仙人が出てくるような時代背景の割には、「VIPルーム」「ポイント」といった単語が惜しげもなく飛び出し、時代のねじれを開幕数分で見せ付けてくる。ところどころ日本語的におかしなセリフもあり、「原作を機械翻訳したのではないか」と巷で疑われているほどである。加えて笑いどころと思われる箇所は、非常にマニアックな中国あるあるネタでハードルが高い。そんな理解の追っつかない視聴者へのフォローか、剣に乗って空を飛ぶ仙人という前衛的描写をぶつけてくる。

 大陸仕込みの飛び道具もさながら、土台も油断ならない。妙に質素でNHKのお子さま向け教育アニメのような作画と、大味でかなり脈絡を欠いた脚本の組み合わせは、「こんなアニメ子どものころに見たな」という郷愁の年を誘発してくる。「10年前の日曜夕方5時なら許された」という巷の感想が忘れられない。どこかトラディショナルな本編とは裏腹に、OPとEDが歌い手でサンドイッチされており、新旧新の塩梅がボディーブローのように効いてくるのも見逃せない。

 ニコニコ生放送にて1話の「とてもよかった:23%」*4を叩きだした実力は伊達ではなく、飢えたハイエナたちが早速「霊剣山で待ってるぜ!」を合言葉に活動を開始している。この感想はちょっと言語化が難しいので、興味のある人はニコニコ動画で1話を観てほしい。霊剣山で待ってるぜ!

 

まとめ

 「今期ってもしかしてヤバイ?」と思った方。わりかし当たってるかもしれません。

 前年の冬がグランドクロスだとすると、今期はグランドクロスの余波で訪れた荒野という感触。それでも(第一義にも第二義にも)期待できる作品はあるので、のほほんと構えれば幸せになれるだろう。

 ただし、『ディバインゲート』『ブブキ・ブランキ』『ラクエンロジック』の三つはかなり鬼門めいている。僕はこの3つを「三銃士」と呼ぶことにした。ちなみに「母親が死んでいる」という点で共通しているぞ!

 そして三銃士の上に立つ者こそ、「仙人」こと『霊剣山 星屑たちの宴』である。その威光は君の目で確かめてくれ!

 

おまけ:今期の便利ワード一覧

「ディバインゲートを信じているか?」

 初対面の人とのあいさつに。

 田中と申します。ディバインゲートを信じているか?

 

「〜って俺のロジックが言ってる」

 相手に自分の考えをストレートに伝えられます。

 今日は定時で上がれって俺のロジックが言ってる。

 

「僕の持つ、機攻殻剣《ソード・デバイス》に誓います」

 大切な約束は必ず守りましょう。

じゃあ来週円盤貸しますよ。僕の持つ、機攻殻剣《ソード・デバイス》に誓います。

 

「霊剣山で待ってるぜ!」

 大切なあの人に霊剣山で待っていることを伝えましょう。

じゃあ来週な。霊剣山で待ってるぜ!

 

*1:リンボー舞 (りんぼーまい)とは【ピクシブ百科事典】

*2:主人公・ルクスを田村睦心が演じる。ただし、「石鹸枠」という概念成立以前ならば、『けんぷファー』や『這いよれ!ニャル子さん』も女性声優が少年主人公を演じている。

*3:なろう系にも見えるがなろう作品ではない。ただし作者はなろうにも別作品を公開していたりするようだ。

*4:とても良かった23%、まぁまぁ良かった11.2%、普通23.7%、あまり良くなかった18.5%、良くなかった23.2%