読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

文才ってなんなんだろう

DIARY

 ブログを更新するようになってから、たびたび「文章がヤバい」という感想をいただくことがある。

 正確には「すごい」「うまい」という書き方なのだけど、文脈を見る限り、子どもに読ませたい名文というよりは、子どもを変態させる怪文書のような評価なのではないかと思う。それについては別にどちらでもよいのだが、一方で言われても戸惑うことがある。

 「文才がある」という評価にピンと来ない。言われても「あっ、そうですかぁ」としか返せないし、結構な確率でお世辞だろうと判断している。現実で言われた時はだいたいそうだ。それでもインターネッツで似たような言葉をいただくので、ここ最近は少し混乱している。

 そもそも「文才」ってなんなのだろう、という話でもある。「才能」という概念は往々にして言語化ができないものだ。「文章を書く才能」となると、はてなんのことやらと。

 ただ、文章そのものに熱を込める時と、意図を込める時がある、ということは自覚している。

 RTが積もったり、ブクマタワーが建造された記事については、後からふりかえってみると、「勢いつけて書いたなぁ」と思うことが多い。例えば以下の記事などだ。

 

 

 これらは仮に「当時どんな気持ちで執筆を?」とインタビューされても、「なんかまぁ、ノッちゃって…」みたいな小学生の感想しか述べられない。その時の状況を思い出そうとしても記憶がなぜかないし、強いて言うなら『ハーモニー』の「意識が統一された状態」みたいな状態かもしれない。

 

 逆に、バリバリ意図を込めて書いたものも結構ある。割合はそっちの方が多いかもしれない。

 

 これらの記事については、当時の心情はある程度述べられるし、どういう状況だったかも結構思い出せる。ガツンとテーマを一つ決めて書き出し、文章表現の推敲みたいなこともクソ生意気にやってたりするからだろう。ただ、そういった記事はそこまで伸びなかったりする。意図を込めた文章は、意図を透かして見ることができる、ということだろう。

 

 こういう話題を切り出すと大抵自慢調に聞こえて自分でも吐き気がするのだけども、実際「文才がある」とほめられても小首をかしげることが多いし、なるたけ自分の中で具体的なものにしていきたいのである。

 実体や実感の薄い評価というのは扱いを持て余しやすい。まだ「チンコがでかい」や「メガネが似合う」みたいなお褒めの言葉の方が素直に受け止められたりする。

 文才ってなんなんだ。僕に見出される「文才」ってなんなんだ。