読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

シコリティのユニバーサルデザインについて

f:id:wasasula:20150407230657p:plain

どのクールにも一人はスケベなヒロインがいるもので、そんなヒロインが複数存在すれば、たちまち花のシコリティダービーが幕を開ける。

そして、もれなく今季もダービーが開催され、その先陣を神速がごとき勢いで駈け出したのが、「ダンまち」こと『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のヒロイン、ヘスティアである。SNSにイラストが投下されるばかりか、早くもスケベ同人誌デビューが決定している。最速放映からたったの4日という、驚異的スタートダッシュである。

彼女がもたらす猛烈なシコリティ風速の生成要因は、当然その容姿にある。そして、この容姿に近しい、シコリティを効率よく凝集したヒロイン造形は、ユニバーサルデザインと呼び得る完成度を見せ始めている。

以下にて、「シコリティのユニバーサルデザイン」について考えていきたい。

 

 

ヘスティアのシコリティデザイン概要

f:id:wasasula:20150407230735j:plain

ヘスティアのシコリティは実にスタンダードだ。巨乳童顔低身長素足むっちりと、シコリティのスターターキットはもちろん網羅している。

しかし、「おっぱい紐」というヤスダスズヒト聖人のハレンチデザインにより、スターターキットはとんでもない底上げがなされている。ただの巨乳も「ひもで持ち上げる」という一工夫で、火力が何倍にも増強されている。

それ以外にも、白手袋にボディコンを彷彿とさせる服、CV:水瀬いのり、加えてボクっ子まで有しており、属性の暴力と呼んで差し支えない様相を示す。破壊的でありながらシャープに整えられたパーツが使用されており、精緻に全体を組み上げられたアンジェラ・バルザックとはある意味で対だが、間違いなくグッドデザイン賞受賞であろう。

 

 

シコリティのユニバーサルデザイン

性癖はこの世に数多くあれど、もちろん全て平等な存在ではない。

グラビア雑誌に踊る「Iカップ新人」、SNSを飛び交う「Gカップ女子中学生」などを見ればわかる通り、世俗におけるヘゲモニーは間違いなく巨乳だ。加えて「女子学生」というブランドがキャバクラからソープまで圧倒的な権威を有することから、「若さ」も重視されることは想像に難くない。

 

これらの傾向を二次元に落とし込めば、「ロリ巨乳」という言葉が生まれる。

dic.pixiv.net

ここでいう「ロリ」とは、基本的には「童顔」と言い換えて差し支えない。童顔であれば中学生からOLまで、比較的幅広く歓迎される。

そして「巨乳」にも厳密なカップ数定義はない。なんとなくな見た目で「おっぱいがでかい」と判断すれば、その時点で巨乳判定が降りると考えてよい。とはいえ、「そのCカップはGカップだろテメエ」というリアル女性の恨み言から、そのあたりが基準値と見積もってもいいかもしれない。

つまるところ「ロリ巨乳」とは、「童顔でおっぱいの大きいかわいい女の子」という存在である。これを「シコリティのユニバーサルデザイン」と定義する。

 

 

わかりやすいシコリティの大切さ

シコリティのユニバーサルデザインは、枚挙にいとまがないほど多くのヒロインに採用されている。以下に代表例を列記する。

  • 柏崎星奈(『僕は友達が少ない』)
  • 小鳥遊六花(『中二病でも恋がしたい!』)
  • 丹生谷森夏(『中二病でも恋がしたい!』)
  • すーぱーそに子
  • ホシノ・フミナ(『ガンダム ビルドファイターズトライ』)
  • 千斗いすず(『甘城ブリリアントパーク』)
  • 愛宕(『艦隊これくしょん』)
  • 及川雫(『アイドルマスター シンデレラガールズ』)

重ねて述べるが、これらはほんの一例に過ぎない。このような造形のヒロインは無数に存在すると言ってよい。エロゲヒロインも加算してよいなら、その数はさらに膨れ上がるだろう。絵師オリジナルキャラも加えればなおさらだ。

 

シコリティのユニバーサルデザインがここまで広く採用されるのは、ひとえに「わかりやすい」という理由が大きいと思われる。

大きな乳房はわかりやすい「女性らしさ」を、幼い顔つきはわかりやすい「かわいさ」を、ストレートに表現する。2つをドッキングさせれば、その時点で明瞭な「美少女」というイメージが完成するのである。

わかりやすさは大切だ。理解に労力を割かなくてよいだけで、手の届きやすさは飛躍的に高まる。複雑なキャラクター背景の理解や、異常性癖の育成が必要なシコリティは、とてもではないが手を出しづらい。

加えて、「美少女」というイメージは、性的文脈の外でも十二分に活きてくる。「シコれる」ではなく「ブヒれる」という観点でも、シコリティのユニバーサルデザインは高い汎用性と伝達力をもたらす。エロの有無を問わない人気は、最も強大な人気となり得るのである。

 

わかりやすさと人気は、やがて信頼につながる。性欲に応えてくれるイメージは、多くの人々に重用され、長く愛されているといえよう。

ユニバーサルデザインとは少し異なるが、コルト・ガバメントは大口径ゆえに、アメリカ人に長く愛されてきたのである。「童顔で巨乳」な美少女は、これからもユニバーサルデザインとして、人々の夜伽に寄り添っていくだろう。