読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

新妹魔王2期決定に寄せて

アニメ DIARY

dengekionline.com

 

いったい誰が予想し得ただろうか。

「四大(クソ)ラノベアニメ」と呼ばれ(というか当ブログが呼んで)、「艦これの前座」という肩書を与えられながら、あろうことか艦これよりも先に2期放映を決定した。2015年は始まってまだ3ヶ月だが、もはや今年一番のジャイアント・キリングと呼んで差し支えないだろう。

彼女こそ、今期の本物のシンデレラガールだったのである。

『新妹魔王の契約者』第2期決定、おめでとうございます。

 

 

1話時点では「時間の断裂」と呼ばれていた。唐突な場面転換は今でも記憶に残っている。その傾向を失うことなく、2話以降は弩級かつ常識外れのエロシーン突然現れる「スピードタイプ」などの作中用語など、どんどん火力が増強していった。

そして、話数が重なるたびに「よい」という声がどこからか聞こえ始め、「艦これの前座」という肩書は次第に「新妹魔王の前座」へ変化し、艦これへあてがわれた。というのが僕の周囲の様子だったように思う。

「四大」の中でも、『聖剣使いの禁呪詠唱』は「突き抜けたクソアニメ」として人気を叩き出している。しかし、稲垣監督がかつて『ジュエルペット サンシャイン』という怪作を手がけたことからもわかる通り、禁呪のクソ性・ギャグ性は戦略的なものである。コレに対して、新妹魔王はほとんど天然である。

原作通りにやっているだけ。原作通りに主従契約アクメを描きスピードタイプなどの設定を生やし勇者・たかしを登場させる。ほとんどありのままの姿勢で、禁呪に肩を並べるポテンシャルを発揮しているのだ。その上、無駄に力の入った焼肉作画回を追うごとに悪乗り進化する規制表現ひかるゾルギア燃える杉田など、視覚的にもコンスタントな破壊力を提供している。

 

これらの要素が統合された新妹魔王は、見ているだけで楽しい。ツッコめば楽しい。解説もあればなお楽しい。

そう、この作品の核とは「楽しい」なのである。「正しさ」を粉砕し、ジェットコースターのような「楽しさ」を提供しているのだ。

しかしながら、6話のどうしようもない作画崩壊など、クソアニメ的な要素も十分に備えている*1。それすら、新妹魔王は「ツッコミポイント」として、インタラクティブな娯楽要素に変えることもできる。その姿は、放映1周年を迎える『魔法戦争』の、現在の「楽しみ方」にも近しい。

しかし、繰り返すが新妹魔王は天然モノである。これらが全て作為的になれば、むしろ批判の対象にすらなっただろう。

 

僕にとっても、新妹魔王との出会いは、禁呪詠唱と同じくらいの幸運だったと思う。

少なくとも、今では『アブソリュート・デュオ』よりも作品として楽しめているし、『縦横無尽のファフニール』と比べれば傑作も同然である。邪神たる『ISUCA』は言うまでもない。

加えて、ゆゆゆという「正しさと楽しさ」で散々もめた作品の後に出会ったことも、個人的には印象深い。なにせ勇者の後に魔王である。最近のお手軽テーマとはいえ、これはひとつの因果なのかもしれない。

「新妹魔王の前座」という尊称が生まれる光景に立ち会えたのも幸運だろう。角川社員が「艦これ食っちゃったよねw」と漏らしたというウワサもある。ある意味、この2期決定は、艦これとセットになった放映枠も影響しているのかもしれない。

 

今や、艦これアニメ界隈は客観的に見ても泥船状態だ*2。次週の最終話っぽくないサブタイを見ると、なぜか不安感を煽られる。艦これアニメについてあれこれ書くとまたお怒りの言葉をもらいそうだが、ここから最高の最終話にできたら手放しで賞賛できるくらい、状況は苦しいように思う。

そんな鎮守府を尻目に、あっさりと2期放映に至った新妹魔王は、今期のシンデレラストーリーそのもののように思う。あらかじめ分割2クールで計画されていた可能性はあるが、勢いが芳しくなければ容赦なく切られる枠だったのも確かだろう。

堂々と10月に第2クールを控えたその姿は、まさに「正しさを破壊する怪物」と呼ぶにふさわしい威光だろう。

*1:そもそも上記に挙げた要素はほぼ全てクソアニメの条件になり得る。

*2:信憑性は薄いが、Vita版艦これが発売延期・予約休止したというウワサを耳にすると、余計に泥舟を幻視してしまう。きっと先の魚類氏騒動のような破壊工作なのだろう。そう信じたい