読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

艦娘ショーで躍るマグロ 〜艦これワンドロ・魚類氏騒動について〜

インターネッツ PUBLISH

艦これの可燃性は異常だ。

フォロワーが偏ってるからかもしれないが、僕のタイムラインでは、ほぼ毎日艦これ絡みの騒動が起きている。特にアニメ版の話はすごい。「お前らよく飽きないな」というレベルで、クソだの傑作だの論争をしている。

 

今日はアニメとは関係のない騒動だった。「艦これ60分ワンドロ」に、艦娘ではなく魚の絵が投函されて戦争が起きた。「魚類の人」こと、魚類氏の騒動である。

 

togetter.com

 

 

魚類氏のワンドロ騒動について

騒動をまとめると、

・魚類氏が、「#艦これ版深夜の真剣お絵描き60分一本勝負」タグに、いつもの魚類イラストを投稿

・誰かが魚類イラストを指して「ワンドロ荒らしだ」と言う

・そのツイートを魚類氏がキャプって公開する

・「好みに合わないやつを悪者扱いはよくない」と魚類氏が茶化すと、「艦これワンドロにどうみても魚の絵を投げれば荒らしでしょ」とリプライが飛ぶ

・「私の作風を知らないそちらの問題」と魚類氏がマジレス

・このマジレスに対し、賛否両論の戦争が勃発

 

というものである。

pixiv大百科に記事ができるほどなので、魚類氏のイラストは「自他公認の芸風」と十分に解釈可能だが、だからといってプロレスの試合で拳銃を使っていいのか、という話にはなる。「無差別の殺し合いが見たい」という僕みたいな人には喜ばれる。しかし、「艦娘だけのプロレスを見たい」という人もいるだろう。

とはいえ、食いつく方にせよ、マジレスで返す方にせよ、「しょーもねえなぁこいつら」という趣きを感じさせる。いつものインターネットだ。

 

この騒動を後追いで確認して再認識したのは、「ハッシュタグの空間生成能力」と、「艦これの個人解釈依存の強さ」である。

 

 

参加表明から即席ショーへ 

f:id:wasasula:20150316221409j:plain

「#艦これ版深夜の真剣お絵描き60分一本勝負」タグは、第一に「参加表明」として機能する。運営が提示したお題に対する、絵描きたちのエントリーコールである。合戦場で名乗りを上げるようなものだ。タグをつけなければ、参加したとは見なされない。

名乗りを上げる者たちが複数現れれば、「名乗ってる人たちの集まり」ができる。この集団が一定数を超えれば、それは「場」となる。「#艦これ版深夜の真剣お絵描き60分一本勝負」は、いわば即席のイラスト展示ショーになるのだ。

そして、人はよそ者に「場」を踏み荒らされることを本能的に嫌う。魚類のイラストは、知らない人から見れば、たしかに異物である。

「俺はかわいい艦娘が見たいのに、なんだこのマグロみたいなものは」

そのマグロは、分かる人にとってはしっかり青葉に見えるのだが、全員が同じ文脈を共有することは難しい。そして、文脈の強要はもちろん避けるべきだろう。

 

 

「自分の信じる艦これ」の激突

f:id:wasasula:20150316222223j:plain

もう一つ、多少脱線する話だが、艦これは個人の解釈への依存が強い。

もとよりグランドシナリオがないゲームである。シナリオ、世界観、キャラ設定など、艦これは空欄が非常に多いコンテンツだ。それゆえに、二次創作を大いに推奨する土壌が生まれ、東方以来の巨大な創作プラットフォームが生まれた。

その裏返しとして、「自分の信じた艦これ以外を信じられない」という危険性が存在する。自分好みに味付けした艦こればかり楽しんだせいで、他の味付けの艦これには耐えられない、ということがたまに起こる。

魚類はなにも極論ではない。あるいは柴犬提督。あるいはTヘッド提督。もっと人間ベースでいくなら、女性提督ショタ提督。これらキワモノ提督の存在を許容できない人は大勢いる。逆に、これらキワモノ提督を強く信じる人もいるのである。

双方が出会えば、物分かりがよくない限り、激突は必至だろう。

 

キリスト教ですら、カトリックとプロテスタントで分離している。原典が穴ぼこだらけの艦これでは、「自分の信じる解釈」は容易に衝突し得る。

同じような状況になり得るコンテンツは、やはり東方だろう。ふと、八雲紫の次の言葉を思い出す。

幻想郷は全てを受け入れるのよ。
それはそれは残酷な話ですわ。*1

しかしながら、これを公式でやってしまったのが、他ならぬ艦これだ。

 

多様性を受け入れることは大切だが、多様性が高まれば、内乱の危険は増していく。そんな中で、オフィシャルに「これが本流」という認定が下れば、認定されなかったものの信奉者たちが黙っちゃいない。

つまるところ、大食い赤城やクソレズ大井を登場させた、アニメ版艦これが元凶なのだ。そして、艦これコミュニティは、他ならぬ公式アニメによって、一触即発の空気に包まれているのかもしれない。

 

「魚類の一匹くらいいいじゃない」と言える平和な世界が訪れてほしいが、艦娘の出自が第二次世界大戦である以上、それも難しいかもしれない。

 

*1:「東方萃夢想 ~ Immaterial and Missing Power.」より