うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

「伝えたい」という思いが、ブログを開く原動力だ

f:id:wasasula:20150315004843j:plain

たびたび、「ブログでも始めようかな」という人を目にする。

特に、僕の周辺では「アニメ感想ブログでも始めようかな」という人を、一定数見かける。しかし、「でも始めるの面倒だな」「どのブログがいいかわからん」「長文書いたことない」という理由で、Twitterに戻っていく人が多いように思える。

こういう姿を見て思う。「いっそ勢いで始めてみようよ」と。

ブログを勢いで作っていけない法律はない。放置していけない法律はない。あなたが、なにかの感想を叫びたい時、よいお店を紹介したい時こそ、ブログの始めどきなのだ。

Twitterという140文字で気軽に放流できるSNSが流行る今だからこそ、ブログに向いていることがある。そして、その参入障壁は思った以上に低い。もっといろんな人が、気軽にブログを始めていいんじゃないか、という雑記を以下に。

 

 

ツイートとブログの「まとまり方」のちがい

現状で、最も流行っているSNSというと、やはりTwitter、Facebook、LINEの三巨頭になるだろう。これらは「気軽に短い情報を発信できる」という点で共通している(Facebookは長文もいけるけど)。

この三つのSNSは、発した情報はタイムラインに流れ、やがて消えていく。僕は、タイムラインから消えていった自分の声は、自分の中からも消失するものだと思っている。とっさの思いつきは、特にそうだと思う。

上記過去記事にも記したが、Twitterは「思いの吐露」に向いている。そして、FacebookとLINEにも、その性質はある程度共通していると思う。だからこそ、「己の意見や主義の集積」には向かない。

その場の思いつきとは言うが、その思いつきは「自分の基本思考」から発せられたものだ。思いつきを記録していけば、やがて「自分はこういう考え方をする人間だ」という気付きにつながる。己を知る人間ほど、強い人間はいないだろう。

そんな高尚な目的などなくとも、ブログは発信情報の整形がいくらでも可能な媒体だ。正確性は、SNSなど足元にも及ばない。「ブログは正確な情報だ」と言うつもりはないが、己の考えを十分に精査できるものだと主張していきたい。

 

 

「しゃべりたい」という気持ちがブログの原動力だ

しかし、ブログを始めようと思っても、尻込みすることは多い。

僕自身も、「ブログやってみたいなぁ!」とは高校生のころから思っていた。しかし、実際にブログを始めてみたのは大学3年生。頻繁に更新するようになったのは、社会人1年目からだ。

ブログを始めるのがこんなに遅くなったのは、「間違ったことを書きたくない」という気持ちがあった。その理由をさらにたどれば、「素晴らしい先人と同じレベルに達していない」ということを恥じていた。

ブログは歴史あるジャンルだ。どの道にも「アルファ」と呼び得る存在がいる。彼らを意識すると、とたんに参入障壁が急上昇するのではないのかと思う。

しかし、優れた文章技術、テーマ設定、マネタイズノウハウの面で劣っていたとしても、あなたの感想は誰にも劣ることはありえない。あなたの伝えたい気持ちが劣ることはありえない。仮に劣るとすれば、それはあなた自身が、自信を持てていないだけだ。

実際、このはてなブログでも、「読者数が少ない」というのは「おもしろいブログ」という基準にはほとんど加味しない。読者数が少なくても、おもしろく鋭い意見を述べるブログがたくさんある。ステキなお店を紹介してくれるブログがたくさんある。そして、そういったブログには熱意があるのだ。

物事への熱意は、なにものにも勝るエネルギーになる。そうした熱意を、人は思った以上に、ひんぱんに持つ機会に恵まれるものだ。そのホットな気持ちを逃さず、勢いあまってブログを開設すればいいのだ。ブログを開設しちゃうほどの勢いほど、強くて正直なものはないのだ。

 

 

せっかくならはてな村に来ない?

f:id:wasasula:20150315005317g:plain

ここから先は、たまたまブログを始めたのがはてなブログだった、僕の個人的な感触だ。

高校時代からブログを始めたいと思ってた僕だが、実はFC2にブログアカウントを確保してある。しかし、結局は開設してはいない。いま振り返ると、FC2は「THE ブログ」という感じがして、個人的には「なんだかなぁ」という感じがしたのだろう。

じゃあ、はてなブログはどうなのか。信者っぽい言い方をすると、すごくモダンで、すっきりしていて、なにより記事を書いている時にストレスを感じない。これは、書き手にとっては無視できない要素だと思う。

さらに付け加えるなら、はてなブログの強みは「はてなブックマーク」との結びつきだ。

これは「ブログを大勢に見てもらいたい」という下心丸出しな面の意見だが、はてなブックマークで勢いをつけた記事は高い訴求力を持つ。多くの人に見られ得る、ということだ。

人によるかもしれないが、「たくさんの反応がある」ということは、大きなはげみになるものだ。はげみはモチベーションにつながり、より多くのあなたの感想、あなたの紹介記事を生み出すことにつながり得る。もし、一度でも「はげみのループ」にハマれば、たくさんの記事を生み出せるだろう。

なにもはてなブログが優れている、というわけではないが、ブログとして環境に恵まれているのも事実だ。もし、どのサービスにするか悩んでいるなら、シンプルでモダン、はてなブックマークというバイパスにも近い、はてなブログで始めてはいかがだろうか。

なにより、勢いが大切だ。勢いが十分なら、サービスがどこかは問わない。勢いさえあれば、いい記事が書ける。長文だって書ける。名文だってかける。サービスについて悩んでも仕方ない。あなたが伝えたい思いこそ、ブログを書く上で、最も大切なことなのだから。