うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

PUBLISH

『ビビッドレッド・オペレーション』レビュー(2013年執筆)

まず、アニメの視聴方法には、大まかに二つのスタンスが存在します。 ひとつは「脳で観る」というスタンス。シナリオの論理性や、キャラの動向など、あらゆる要素を「考え」ながら視聴するというものです。 もうひとつが「脊髄で観る」というスタンス。論理…

「今期ってもしかして荒野なんじゃね?」という感じの2016年冬アニメ感想

前期は忙しくてあまりアニメを追えなかった反動か、今期は飢えた獣のようにいろんなアニメを見ている。だいたい放送枠の8割くらいはタッチし、何気に人生で一番多くアニメを見てる気がする。 で、作品ごとに感想を書こうにも、元来マジメな方ではないので、1…

ガラスの花の見立て方 〜『ガラスの花と壊す世界』感想〜

『ガラスの花と壊す世界』を見てきた。というのもインターネッツの知り合いから口々に「お前は見に行け」と突かれていたからである。 彼ら曰く、「見どころは皆無」「カントク絵が最低限のシナリオで動くくらいの価値」「SF版ごちうさ」などなど。「そびえ立…

鹿島のシコリティに関する調査ノート ~多要素に起因する工業的シコリティの是非~

艦これに鹿島(練習巡洋艦)が登場してから一ヶ月が経った。その間にインターネッツにはスケベ非スケベを問わず大量の鹿島のイラストが出回っている。 RTで回ってきたと思ったら鹿島、絵師が新刊を発表したと思ったら鹿島、そんな状況がかれこれ一ヶ月続いて…

赤髪ツンデレヒロイン入試問題 解答・解説

先日、怪文入試問題をリリースした。 こうして入試問題ができあがった pic.twitter.com/Hm669OpyLa — わさすら (@wasasula) 2015, 11月 10 気が付くとあれよあれよとRTとFavが積まれて「なんだかすごいことになっちゃったぞ」と思った次第だ。 そして想像以…

『空戦魔導士候補生の教官』を用いたアニメのおもしろさ基準値適正化療法について

概要 どんなアニメを見ても面白いと感じない。この症状は個々人の「おもしろさ」の基準値が高くなることで発生することが多い。よって、最も効果的な治療法は上昇した基準値を下げる処置である。 基準値低下の一般的アプローチは投薬処理とされている。21世…

2015年秋 ラノベアニメ聖杯戦争

ラノベアニメが多く放送されること自体は、別段めずらしいことではない。 先の「冬の四大」は、近年稀に見るホットスポットだった。その理由は、単に「ラノベだから」ではなく、話の内容や方向性が全て近しいものだったからである。 だが、それを差し引いて…

フライデーナイトにバイオレンスなスパイを 〜『キングスマン』所感〜

先日『キングスマン』を観に行き、大変に満足感を得られた。そして何も言わずに2周目へ突入し、さらなる満足感を得て帰ってきた。その内実をざっくり言い表すなら、 「うん、そうだ、これでいい」 つまるところ感動というよりは納得で、純粋な娯楽として背…

「シコリティのユニバーサルデザイン」について再考

本日、以下の様な怪文書をインターネットへ放流した。 結局今日の成果物はこの怪文書だけだ pic.twitter.com/FsL9OuoS3y — わさすら (@wasasula) 2015, 8月 23 これは唐突な思いつきというよりは、再考の機会である。以前、ヘスティア旋風を目の当たりにして…

これまでの『空戦魔導士候補生の教官』

夏アニメもすっかり折り返し地点にさしかかろうとしている。すでに各々の今季推し作品も固まり、日夜布教や論争、あるいは自家発電にはげんでいることだろう。 話題性なら『がっこうぐらし!』、安定した癒やし枠に『のんのんびより りぴーと』や『干物妹!…

みんな!カスタムメイド3D2が発売したぞ!

ついに発売だ! カスタムメイド3D2! みんなー! はっちゃけてるかーい!! 僕はといえば日中は仕事のためすぐに買いにいけず、「予約してよかった」と思いながら受け取ったのが20時、帰宅後にあれこれしていたせいでプレイ開始が24時ちょうどとなってしまっ…

「最強への方程式-メソッド-」が生み出す特異点 ~『空戦魔導士候補生の教官』第1話 所感~

今年の冬、「四大」と呼ばれたラノベ原作アニメと、「魔王」と僕が勝手に読んでいた『ISUCA』というアニメが放映されていた。それぞれ甲乙つけがたい個性を持ち、多くのソムリエでにぎわったこの時期は、まさにグランドクロスとも言えるクールだった。 それ…

お前のMADを呼び起こせ 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』所感

暴力がこれほどまでに心地よいとは夢にも思わなかった。 そして影響力も異常だ。映画館を出た直後は実感がなかったが、帰りの電車に揺られ、窓から車をぼんやり眺めていると疑問が湧いた。「どうして火を噴いていないんだ?」と。 そう、ついに観てきました…

【ネタバレ有】咲き誇るスクールアイドル 〜『ラブライブ! The School Idol Movie』を観に行ってよかったという話〜

『ラブライブ! The School Idol Movie』、観に行ってきました。 公開日初日、奇声を上げながらサイリウムをふりまわす人が現れないかなぁと期待しながら劇場へ足を運んだのですが、15時の新宿ピカデリーは思ったよりも平和で、ごく普通の満員御礼シアターと…

ごちシコ論入門 第4回 チノシコをめぐる4つの主義

第3回では、ごちシコ市場全体の現況を調査し、明らかになったチノシコのヘゲモニー性について論じた。 <a href="http://wasasula.hatenablog.com/entry/2015/05/13/000140" data-mce-href="http://wasasula.hatenablog.com/entry/2015/05/13/000140">ごちシコ論入門 第3回 チノシコはヘゲモニーなのか? - うらがみらいぶらり</a>wasasula.hatenablog.com その根幹とは、インモラルを許容するファンタジー…

ごちシコ論入門 第3回 チノシコはヘゲモニーなのか?

実に5ヶ月ぶりの開講である。ごちシコ論入門、第3回はごちシコの薄い本の展望と、現行のごちシコにおける最大勢力・チノシコの考察である。 今回開講した動機は以下の記事である。 <a href="http://d.hatena.ne.jp/thk/20150505" data-mce-href="http://d.hatena.ne.jp/thk/20150505">【ロリコン帝国】とらのあなの『ごちうさ』 同人誌一覧が酷すぎるw</a>d.hate…

「ヘスティアの紐」に1000円を出すひとびと

ここに一本の青い紐がある。それだけでは、そこまで価格はつかない。しかし、この紐に次のような名前を与えてみよう。 「ヘスティアの青い紐」 ロリ神様のおっぱいを支え、持ち上げる奇跡がごとき紐。もちろんフィクションの存在だ。では、それが現実に手に…

サンリオ産ジェットコースターが最高だった話 〜『SHOW BY ROCK!!』第1話所感〜

巷で「『SHOW BY ROCK!!』がケモだぞ」というウワサを聞き、ケモ属性を持つ僕は脇目もふらず1話の門を叩いた。 3月末に書いた記事では「サンリオ産けいおんがくるで」と書き、けいおんが好きなら無難に好きになるだろうという認識だった。ぶっちゃけ、きん…

必殺技でぶん殴っていけ 〜『血界戦線』第1話所感〜

『血界戦線』の第1話が放映された。ニコニコ動画でも配信が開始され、多くの人が手に取れる状態となっている。 その感想を一言で述べると「意外な出来」であった。品質の問題ではなく、「なるほどこの方向できたか」という意外性である。というのも原作エピ…

シコリティのユニバーサルデザインについて

どのクールにも一人はスケベなヒロインがいるもので、そんなヒロインが複数存在すれば、たちまち花のシコリティダービーが幕を開ける。 そして、もれなく今季もダービーが開催され、その先陣を神速がごとき勢いで駈け出したのが、「ダンまち」こと『ダンジョ…

「神格」という物語解釈について

巷では春の新番が始まる一方で、『ラブライブ!』2期が再放送を開始している。 思えば1年前、社会人デビューでささくれた心に、ラブライブ2期は恵みの雨のように染み込んだ。とりわけ1話は、穂乃果が「雨やめー!」と叫び、本当に雨を止ませてから『それ…

それでも社会に出なくてはならない新社会人へ

にわかに信じがたいが、社会人になってから1年経ってしまった。 1年前の今日、就活以来のスーツを着て、満員電車に詰め込まれて会社へ向かった。まるでアウシュビッツへ運ばれるユダヤ人のようだと思い、願わくばこのまま転覆事故に遭って人生が終わらない…

「2015年冬 クソラノベアニメの旅」を終えて ~四大ラノベアニメを総括する~

冬が終わる。荒涼たる冬が、戦争の影を落とした2015年の冬が、静かに去っていく。 21世紀最大の悲劇『魔法戦争』より1年。復興の兆しの中に現れた、4つのラノベ原作アニメを前に、多くの人々が震撼した。 やがて、畏敬の念を込めてそれらは「四大」と呼ば…

艦これアニメを最大限に楽しく視聴する方法

この赫変たる海原を生き抜くために。

艦娘ショーで躍るマグロ 〜艦これワンドロ・魚類氏騒動について〜

艦これの可燃性は異常だ。 フォロワーが偏ってるからかもしれないが、僕のタイムラインでは、ほぼ毎日艦これ絡みの騒動が起きている。特にアニメ版の話はすごい。「お前らよく飽きないな」というレベルで、クソだの傑作だの論争をしている。 今日はアニメと…

おすすめの処刑用BGM20選

「処刑用BGM」をご存知でしょうか。 処刑用BGMとは (ショケイヨウビージーエムとは) [単語記事] - ニコニコ大百科 詳しい解説は上記リンクに預けるとして、要は「流れば敵が死ぬ/主人公が勝つ」というBGMです。まさに必殺のBGM。鮮烈なシーンとともに、視聴…

16卒就活生へ:「働きたくない」という気持ちを大切にしなさい

本年度からシステムがかわり、就活が3月解禁となったらしい。 毎年恒例の就活シーズンの到来となると、やはり重用されるのは「就活生へのアドバイス」だ。その波に僕も乗ろうかと思ったが、どうにも難しいと感じた。 なぜなら、就職活動とはクソだからであ…

あらためて「カニカマとしてのソシャゲ」を考える

ソーシャルゲームが世に出たばかりの頃、僕は「ソシャゲはカニカマだ」と主張した。 この主張は今でも変わらないが、最近は「あえてカニカマを選択する理由」を徐々に理解している。他ならぬ自分が社会人になったからだ。 ゲームをやる時間がない。この一言…

その後の『結城友奈は勇者である』について

以前、「ゆゆゆは放映後も話題が盛り上がるかもしれない」と冗談交じりで記した。しかし、どうもこれが冗談ではなくなりつつある。 放映後に製作陣から「アニメで残った謎」について言及されることはめずらしくない。しかし、いくらなんでも多すぎである。「…

「まとめブログばっかRTするバカ」と言われないために

インターネットにはいつも嫌われ者がいる。現在の筆頭といえば、いわゆる「まとめブログ」と呼ばれるブログだろう。*1 目の敵にする人がいる一方で、まとめブログに依存する人もまた存在する。ニュースサイト代わりに使ったり、笑えるネタを探したり、「あの…