うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

DIARY

「小説家になろう」で一ヶ月半ほど、異世界転生小説を連載してみた件について

観察や憶測だけではわからないことがある。実践を経ることによって、初めて認知し、理解することがらが、この世にはたくさん存在する。 『小説家になろう』もそうである。インターネッツを跋扈するおぞましきうわさや、実際に諸作品からただようドス黒い輝き…

誠に遺憾ながら小説家になろうデビューをした

昨日、痴漢を指摘された男性が、「自分はやっていない」と叫んで線路に逃走、その直後に電車に轢かれ死亡する、という事件があったらしい。 nlab.itmedia.co.jp もし本当に冤罪だったとしたら痛ましい事件である。痴漢冤罪の恐ろしさは『それでもボクはやっ…

病気休業中の声優はなにをしているのが望ましいのか

病気療養中の種田梨沙が、休養中にグラブルをしていたことがわかり、それに対して親の仇のごとく怒り狂う人が現れたらしい。 なぜ怒っているのかわからないが、この手の話題で辛辣な言葉を発するのは「その人が嫌い」か「その人には特に興味がないが行動がい…

チノです。

こんばんわ。チノです。 実は嘘です。わさすらです。でも今日は、わたしの中で1年弱練り上げた「内面的チノ性」を確認するため、実質チノとして書いていきます。 なんだかなりきりアカウントみたいですね。ちなみに、わたしの卒論のテーマでした。なりきり…

「思考盗聴」という物語

「思考盗聴」という言葉を聞いて、なにを連想するだろうか。僕の場合はSFである。 時は2030年。特殊なマイクロ波による思念通信技術が発達し、人々はより円滑なコミュニケーションを享受していた。一方で、思考を他人に傍受される「思考盗聴」が社会問題とな…

2017年冬アニメ 個人的総括

うかうかしていたら3月も終わり、春の足音聞こえる4月になっていた。春の新番が音を立てて走り寄ってくる。時が経つのはまことに早い。 そんなこんなで春アニメも始まりつつあるが、そういや前期は結局なにを見ていたのか、見ていたものの感想はどうだったか…

「FGOとグラブルどちらを始めればいいの?」的な話題について

3月に入ってからグラブルに復帰してモリモリと遊んでいる。おかげでブログどころか文章らしきものをまるで書いていない。 これではよくない。だがとりわけ最近書くことがないのも事実なので、日記がてらソーシャルゲームの話でも記そうと思う。その内容がタ…

金があるのに、理屈をつけてコンテンツに金を落とさない」連中について

昨日タイムラインで話題になったのは、「アニメの円盤を買うかどうか」ということである。 流行る流行らない以前の問題で、ファンを自称してても円盤は買わないとか普通にあるからね… pic.twitter.com/UHiWT1ZJ9i — パルボナ (@parubona) 2017年2月8日 この…

カルデアを浮遊する善意の集合知

ここ最近のFGOの加熱っぷりはすごい。それはもうキラウエア火山も三顧の礼を取るレベルで熱い。 その熱さは、日夜「かんたんUI講座!」「オススメ低レア鯖!」「序盤の進め方こうすべし!」みたいな指南ツイートが、有志による解説画像つきで、昨年のクリス…

さほどめでたくない元旦にあたって

ドカベンフォントをインストールしたので作りたくなった。イラレスキルがこういう時しか役に立たない。 「◯◯初め」というのは1月2日から行うべきで、さもなくば◯◯の神さまに怒られてその年は大成できないと聞いたので、2日に初記事を書くことにした。ただ…

2016年のシコリティをにぎわせた美少女を思う

年の瀬も近い。過ぎゆく年を思い返すことほど虚しいものはないが、それでも思い返し、総括すべきことがらは、人生にたくさんある。 たとえば、その年で一番シコられたキャラクターについてだ。 1月から3月の冬。僕がことごとく荒野に目を向けている間、世…

制服なき人生を征く

まことに唐突な話だが、僕は人生で制服というものを着たことがない。 幼稚園はたまたま私立で、みんな私服で通わされていた。小学校にも制服はなく、吊りスカートの女児というものとはまるで縁がなかった。中学と高校は中高一貫だったが、これが制服なしとい…

僕自身がチノになるということだ。

ようやくわかった。僕のたったひとつの夢。 全ては、僕自身がチノになれば叶うことなのだ。

これまでに見たどうしようもない夢を記録する

笑い話になるような夢を見れるうちは健康な証拠だ。しかし、時折どうしようもない夢を見ることは事実であり、そんな夢は間違いなく記憶に残る。 そして思い返しては乾いた笑いが漏れる。「もう少しまともな夢を見れなかったのか」と。ドリームリーフを飲んで…

数年ぶりの神撃のバハムート

流行っているソーシャルゲームは何もせずとも語られるが、廃れ気味のソーシャルゲームは一時の話題にすら上がらない。例えば『神撃のバハムート』である。 つい最近モバマスコラボを行い、にわかに再注目を浴びた。「500万人突破記念キャンペーン」というも…

労働者3年目にあたり、やはり社会に出なくてはならない人へ

幸か不幸か、サラリーマン生活が3年目に突入した。 3年目を祝うセレモニーなどあるはずもなく、つい前日までフィーバーしていた案件の後始末を粛々と行い、次に送られる案件のチュートリアルを受けていた。提示スケジュールはやはりタイトであり、今年も見…

「ためしてガッテンレギュラーの東條希」の可能性について

NHKの『ためしてガッテン』が4月からリニューアルし、それにあたって山瀬まみが番組より卒業することとなった。 出演期間は実に21年間とのことだ。これはすごいことだろう。 それはそれとして、μ'sの東條希である。 劇場版でスクールアイドルを辞めることが…

最古の記憶でハサミを持つ

しばしば、「お母さんの中から出てきた時のことをおぼえている」という人がいる。 母の子宮から放たれ、産道を通って世に生を授かる瞬間。それが自分の「最古の記憶」なのだと。そういう人がどのくらいいるかは知らないが、おそらくそれは誇っていいことだろ…

「なろうグッドスタッフ」について

ちょうど4日前、「小説家になろうの日間ランキングにヤバいやつが出てきた」というウワサを耳にした。 あの魔窟はいつもヤバいだろうと思いつつ、もしかしたらという淡い期待からランキングを覗いてみると、あれまぁとんでもない逸品が顕現しているではあり…

僕は20年間ポケモンのシナリオプレイを一番楽しみにしている、という気づき。

20周年というメモリアルイヤーにあわせて、ポケモン新作「サン/ムーン」の発表と、初代のバーチャルコンソールが発売された。 www.youtube.com たった数分の映像だったのに、僕の心は一気にポケモンへ傾倒した。ポケモンセンターに趣き、おもむろにVC青を買…

ごちシコ初めの報告

ごちうさ2期は終わってしまったが、ココアは変わらず愛おしく、そしてシコれる。 殊に自分の場合、ココアに対しては何度も詳細なシチェーションを組んでシコり続けてきたため、ふとした拍子でココアのえっちなイマジネーションが膨らむようになってしまった…

謹賀新年(めでたいとは言ってない)

「あけましておめでとう」と世間では言うものの、年を明かしてめでたいと思えるのは、生先短い老人と、頭がパーリィな類人猿だけである。年を重ねるとは悲しみを重ねることに他ならない。20歳以後の根本原理である。 そうは言っても、一年の清算だけはしてお…

労働で心がメチャメチャな時ほどソーシャルゲームにハマる

放り込まれた炎上案件がようやく収束の兆しに入り、シルバーウィークが全滅した惨劇から一転、3週ぶりの「休日の土曜」を安らかな気持ちで満喫していた。昼まで寝て肉を食うわ酒を飲むわの大暴れをしつつ、合間合間にデレステを回すアホみたいな一日だったが…

耳からゆゆゆとデス・ロード

あー、やっぱりですね、ゆゆゆは健康にいいです。 今週は仕事がやたら激務でついに終電を逃してほてるぐらし!と相成り、本日1日ぶりに帰宅したので精神療法がてらゆゆゆBDを爆音で観劇したのですよ。するとどうでしょう、口角は常に上がりっぱなしでみるみ…

文才ってなんなんだろう

ブログを更新するようになってから、たびたび「文章がヤバい」という感想をいただくことがある。 正確には「すごい」「うまい」という書き方なのだけど、文脈を見る限り、子どもに読ませたい名文というよりは、子どもを変態させる怪文書のような評価なのでは…

「童貞を殺す」というフレーズの不毛たるや

ものは言いようなのだなと納得する。 「ひどい言われ方」「めちゃくちゃ失礼」話題の【童貞を殺す服】の盛り上がりに悲しむ人も - アニメ ふと思い出したのは胸開きタートルネックだったり、あるいは軍服ワンピースだったり。あれも最大瞬間風速はすごかった…

空戦と荒神の夏

夏が来る。 こう書くとなにやら大きな大会とか、受験勉強がやってくるようなイメージもあるが、そういうことではない。春アニメが終わり、夏アニメがやってくる、それだけの話である。 しかし、あえて口にする必要がある。夏が来る。うららかな気分をした我…

人生初のソープで「垂乳根の母」に出会った話

なんとなく書き残しておくべき気がするので書き残す。 つまり、人生で初めてソープ(風俗店)に行ったのである。 *果てしなく下品な内容なので「続きを読む」で隠します*

「やりたいことをやる」物語としてのラブライブについての雑記

劇場版ラブライブ!には十全に救われた僕だが、やはりあの映画を快く受け入れられない人もいるようで、それは仕方のないところだが、「海外へ行く動機とかライブシーンが雑」という物言いには首をかしげるし、正直こう思う。 「そんなの1期からそうだったじ…

異世界に転生したら奴隷を買ってえっちしちゃうものなんだろうか

今まで「小説家になろう」は少し敬遠していたのだが、つい先日『幻想再帰のアリュージョニスト』を読み始めた。これがなんとまぁとんでもなくおもしろくて非常にびっくりしている。 というのも最初は異世界転生パロディ(もといメタ異世界転生)として期待し…

「書く」という運動

気がつけば最後の更新からまるまる1週間も開いてしまった。原因はもちろんゴールデンウィークである。というのも、僕の傾向として「休日にブログが書けない」というものがあるからだ。 休日は眠い。普段寝れない分は寝てしまう。その上、休日はとにかく遊ん…

気だるい時のビールはうまい

View image | gettyimages.com ただ酒を飲むにしたって、体力やメンタルの状態は無視できないし、くたびれた体の時はやはり適当で気だるげな飲み方をするものだと思う。しゃれた飲み方ができる時とはMPが多く余っている時だろうし、オシャンティなバーに徹夜…

テーマをキャラクターがしゃべっちゃうアニメについて

『放課後のプレアデス』3話を見て「ヒーヒーおもしろいー」と涙をボロボロ流しながら両手を合わせて拝んでいた。その「おもしろさ」というのはよくある言い方だと「尊い」なのだろうけど、これをちゃんと考えると、「その回のテーマをキャラクターがしゃべる…

「へー、やら◯んってこうやって作ってるんだー!」って話

流行の話題にクソアフィの影あり。 【これが日本の若者だ】ニコニコ超会議に参加した女2人組「オフパコ希望」と発言して司会の女性ドン引き|やらおん! 「まぁあるだろうな」程度の認識だったけど、「あれ? や◯おんにわさすら君の記事転載されてね?」とTw…

はてブ互助会に相互ふぁぼを思い出して

世間がオフパコ超会議で盛り上がっている裏で、金八先生ゲーム駄作扱い記事騒動と「はてブ互助会」の存在指摘で、ちょっとしたホットスポットがはてな村に出現したらしい。 雑な知識で雑に語るブログについては僕が言えた話ではないが、「はてブを相互にやり…

「ワンス・アポン・ア・タイム」プレイ体験記 〜即興で君だけの物語を語り切れ〜

"Once Upon a Time"と聞けば、各々いろんな童話を思い出すだろうし、今なら同名の海外ドラマを思い浮かべる人も多いだろう。 このあまりによく知られたフレーズをタイトルに冠するテーブルゲームを、先日プレイした。「ワンス・アポン・ア・タイム」は、「物…

上野で鶏肉を喰らう

ここ最近気がついたのは、「ランチは1000円以上出すと満足感が跳ね上がる」ということである。 サラダや小鉢、メインディッシュにこじゃれた米やパン、ここにドリンクとデザートがくっつくというおひるごはんと会うには、だいたい野口英世を一人殺す必要があ…

Goose houseの光がまぶしすぎて、歌い手文化が陰に見えてしまった話

Goose houseはよい。とてもよい。直近の曲といえば『光るなら』だが、底抜けの開放感と明るさ、満ち溢れんばかりの「正」の気を全身に浴びてしまい、初めて聴いた時は両目から大粒の涙がボロボロこぼれていた。 そんなGoose houseは公式Youtubeチャンネルを…

新妹魔王2期決定に寄せて

<a href="http://dengekionline.com/elem/000/001/024/1024666/" data-mce-href="http://dengekionline.com/elem/000/001/024/1024666/">TVアニメ『新妹魔王の契約者』の第2期が10月に放送開始!</a>dengekionline.com いったい誰が予想し得ただろうか。 「四大(クソ)ラノベアニメ」と呼ばれ(というか当ブログが呼んで)、「艦これの前座」という肩書を与えられながら、あろうことか艦これよりも…

十八番は『さそり座の女』

僕のカラオケの十八番は、美川憲一『さそり座の女』です。 こう言うと十中八九妙な顔をされる。そして、なにも言わずにカラオケに入れると、部屋全体がどよめき始める。「さそり座の女ってどういうこと…」と、かなりの回数耳にしてきた。 幸いにも高校時代か…

クロスオーバー二次創作について

二次創作の中でも、クロスオーバーというジャンルがある。異なる作品のキャラクター、および世界観が混在する形で展開する二次創作のことだ。 スパロボ界隈では極めてメジャーなこのジャンルだが、スパロボプレイ経験皆無な僕もこのジャンルが好きだ。遡るこ…

モチーフとコンセプトの使い分け・思い込み

先日、うっかり記事の中で「モチーフ」という言葉を使ってしまった。 うっかりというのは、あまり正確な意味を考えず、これまでのイメージから物を言っていたということだ。わるい大人である。 そして「モチーフ」という言葉を聞いて、僕の中でどこからとも…

ブルマと麻縄

*ストレートに下品でえっちな内容なので「続きを読む」で隠しました*

僕の艦これ遍歴をふりかえる

如月轟沈記事を書いてから2週間が経とうとしている。あれだけの記事をなぜ記せたのかと考えるに、「やはり僕は艦これが好きだったのではないか」という気付きに至った。もし艦これが死ぬほど嫌いだったり、無関心だったりしたのなら、そもそもこのブログで取…

現時点におけるアニメ進捗報告

どうにも先週と今週は本業が立てこんで更新がおぼつかない。休日に更新しろという話だが、土日は2週連続で酒浸りになる始末だ。肝臓は着実に三途の川に歩み寄っている。 ブログの更新ももちろんだが、なによりたまったアニメの視聴は困難をきわめる。とはい…

着せ替えがあなたの嗜好を丸裸にする

先日、Twitterではちょっとした「着せ替えブーム」が起きていた。 「ユメウサギ 着せ替えキャラメイク」による、「己の嗜好の見える化」である。 当方でも「ユメウサギ-着せ替えキャラメイク」にて己の嗜好の"""見える化"""を行った結果、完全に例のアイコン…

最終回を想像するというギャンブル

ゆゆゆ最終話を前にした今、僕の心はさざなみのように穏やかだが、同時に津波のように荒ぶっている。 本当に楽しみなアニメの最終話を前にした気持ちは、熱中してプレイしたゲームがラスボス戦に突入する時のような高揚感と緊張感をおぼえる。それは、先に待…

ゆゆゆ11話諸感想

いや、本当によかった。ゆゆゆ11話。最終話への接続を考えると「これどうするんだ」という不安もあるけど、とてもよかった。みんなが東郷さんに同調して「神樹滅殺」になってもおかしくないし、そうなるかな、そうなったらおもしろいなと思っていたけど、友…

データを紙にするということ

世間曰く、今日は「紙の記念日」なのだそうだ。王子製紙の前身が1875年に創業を開始したことが由来らしい。今週のちょっとしたトリビアだ。 紙と言えば、僕が高校1年生くらいまでは、「Webページの印刷」が習慣・文化として辛うじて残っていた。ブラウザか…

人生初のキャバクラでルーマニア人にインド人と間違われた話

僕はよく、インド人に間違われる。 食生活や生活習慣ではなく、顔の話だ。つまるところ彫りがある感じの顔なのだが、これがどうして、頻繁にインド人と間違われる。 高校時代まではスペイン人だとよく言われていたが、大学に進学すると大西洋を下ってガンジ…