うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

ゲーム

琥珀さん、おれアズールレーン始めたわ。

8月から11月にかけて燃え上がったクソプロジェクトを鎮め、遅めの夏休みも消化し終えて落ち着いてきた11月。まぁブログを更新していなかったと。 独り身のさもしいオタクが1ヶ月なにをしていかたと言えば、まぁ『HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』で最後…

グラブルの女たち2017Summer ~最新のスケベ十天衆 その排出率~

夏だ。海だ。エロ本だ。 そう。今年も夏のコミケが開かれ、グラブルのエロ本市場も更新された。 本記事は、夏の空のスケベ事情に関する調査レポートである。 wasasula.hatenablog.com 調査概要 例によって、とらのあな店頭でスケベブックを確認、登場するキ…

『シノアリス』について ~通信エラーに抗ってメンヘラのポエムノートを読む物語~

梅雨も間近に差し迫った6月6日、一冊の「物語」がリリースされた。スクエニの新作ソシャゲ、『シノアリス』である。 『ドラッグオンドラグーン』や『ニーア』シリーズを手掛けたヨコオタロウを原作・クリエイティブディレクターに据え、「それは最悪の『物語…

FGO 1部終了~CCCイベ攻略までのざっくりな感想とか

ようやくCCCイベも落ち着いてきたので、そろそろここまでのFGOのプレイ感想とかを書き残しておきたい。 人理修復遍歴 イリヤ実装をきっかけにアカウントを取得してので、だいたい去年の9月ごろがプレイ開始時期なのだと思う。 そういや先日FGO始めたんすよ。…

「FGOとグラブルどちらを始めればいいの?」的な話題について

3月に入ってからグラブルに復帰してモリモリと遊んでいる。おかげでブログどころか文章らしきものをまるで書いていない。 これではよくない。だがとりわけ最近書くことがないのも事実なので、日記がてらソーシャルゲームの話でも記そうと思う。その内容がタ…

エロゲで見かける「あのキャラクターのクローン体」について

先日、知人から以下の画像が送付されてきた。 出展:『彼女と俺の恋愛日常』(Parasol) 思わずこんな顔になった次第だ。 もとより声優ネタで「金剛カレン」というものはあったが、これをアリス・カータレットと合体させ、「カナダ出身」という工作を施すこ…

ジータのシコリティ論 ~可変・中立・至近~

先日、グラブルのエロ同人誌において、どんなキャラが多く登場するかを調査した。その結果、最も登場しているキャラクターはジータであることが判明した。 wasasula.hatenablog.com 1年前はナルメアとカリオストロに順位をゆずり、ダヌアと席次を同じくした…

グラブルの女たち2017 ~最新のスケベ十天衆 傾向と対策~

昨年の4月に、とらのあなに置かれたグラブルのスケべ本を数え、登場キャラクターを集計する遊びをした。 wasasula.hatenablog.com この集計から9ヶ月ほど経つ。当時からキャラクターはさらに増え、既存キャラもスキンをもらったりバージョン違いが出たりと、…

カルデアの女たち ~FGOエロ本における登場サーヴァントと、今後の展望について~

アニメやゲームと問わず、人気になってきた作品を目の当たりにすると、必ず気になることがある。「一体誰が一番シコられているのか」ということである。 数多の偉人・英雄が結集する「未来を取り戻す物語」は燃えること間違いなしだが、起源はやはり「アーサ…

カルデアを浮遊する善意の集合知

ここ最近のFGOの加熱っぷりはすごい。それはもうキラウエア火山も三顧の礼を取るレベルで熱い。 その熱さは、日夜「かんたんUI講座!」「オススメ低レア鯖!」「序盤の進め方こうすべし!」みたいな指南ツイートが、有志による解説画像つきで、昨年のクリス…

今年の消費を振り返る ~グラブル編~

今年、自分にとって意義深い出費となったのはドールへの投資だが、金額面で言えばさらに膨大で、ある意味では意義深い出費がもう一つある。ソシャゲ、もといグラブルへの消費である。 そもそも、グラブルを始めたきっかけはタダでグランデを引いたから「どん…

数年ぶりの神撃のバハムート

流行っているソーシャルゲームは何もせずとも語られるが、廃れ気味のソーシャルゲームは一時の話題にすら上がらない。例えば『神撃のバハムート』である。 つい最近モバマスコラボを行い、にわかに再注目を浴びた。「500万人突破記念キャンペーン」というも…

グラブルの女たち

グラブルを本格的に開始してそろそろ1週間になる。 登録自体は数カ月前にしていた。しかし、スタダで最強無敵美少女フィーナちゃんを引き取って満足してしまい、ストーリーすらロクに進めていなかった。 そこに無料10連期間とかいう頭のイカレたキャンペーン…

僕は20年間ポケモンのシナリオプレイを一番楽しみにしている、という気づき。

20周年というメモリアルイヤーにあわせて、ポケモン新作「サン/ムーン」の発表と、初代のバーチャルコンソールが発売された。 www.youtube.com たった数分の映像だったのに、僕の心は一気にポケモンへ傾倒した。ポケモンセンターに趣き、おもむろにVC青を買…

カスタムメイド3D2 期間限定バレンタインイベントが最高だったという話

はてなブログの運営は、今日がなんの日であるか、そっと教えてくれる。 今週のお題「バレンタインデー」 だからなんだと問い詰めようにも、今やキモオタ巣食う秋葉原ですら「チョコレートくばりま~す♡」とアニメイトでチョコレートをばらまく時代である。あ…

鹿島のシコリティに関する調査ノート ~多要素に起因する工業的シコリティの是非~

艦これに鹿島(練習巡洋艦)が登場してから一ヶ月が経った。その間にインターネッツにはスケベ非スケベを問わず大量の鹿島のイラストが出回っている。 RTで回ってきたと思ったら鹿島、絵師が新刊を発表したと思ったら鹿島、そんな状況がかれこれ一ヶ月続いて…

労働で心がメチャメチャな時ほどソーシャルゲームにハマる

放り込まれた炎上案件がようやく収束の兆しに入り、シルバーウィークが全滅した惨劇から一転、3週ぶりの「休日の土曜」を安らかな気持ちで満喫していた。昼まで寝て肉を食うわ酒を飲むわの大暴れをしつつ、合間合間にデレステを回すアホみたいな一日だったが…

カスタムメイド3D2 契約選択までの11日間をキモさ全開で記していく

発売より早一週間。巷ではすっかり有志によるWikiが急造されて、カスタムメイド3D2の攻略情報には困らない環境が整いつつある。 かくいう僕はうっかり風邪をこじらせ、思うようにカスタムメイド3D2に勤しめなかったのだが、先日ようやく一人目の専属契約にこ…

みんな!カスタムメイド3D2が発売したぞ!

ついに発売だ! カスタムメイド3D2! みんなー! はっちゃけてるかーい!! 僕はといえば日中は仕事のためすぐに買いにいけず、「予約してよかった」と思いながら受け取ったのが20時、帰宅後にあれこれしていたせいでプレイ開始が24時ちょうどとなってしまっ…

カスタムメイド3D2体験版でひたすら撮影会をしていたら一日が終わる

一夜明け、会社に行って仕事をし、帰宅して夕飯を食べてから起動しても、カスタムメイド3D2(体験版)は最高だった。これは本当にすばらしいことです。 案の定、起動してからひたすらポージングさせてスクリーンショットの嵐。気がつけば枚数は338枚、総容量…

みんな! カスタムメイド3D2体験版をプレイしよう!

ついにきた! 僕らのカスタムメイド3Dがバージョンアップして帰ってきた! しかもなんと! エディット体験版が絶賛配信中だ! みんなー! 楽しんでるかー! お恥ずかしながらカスタムメイド3Dで幾度となくシコり倒してきた身であるのに、2の体験版が出たと知…

「ワンス・アポン・ア・タイム」プレイ体験記 〜即興で君だけの物語を語り切れ〜

"Once Upon a Time"と聞けば、各々いろんな童話を思い出すだろうし、今なら同名の海外ドラマを思い浮かべる人も多いだろう。 このあまりによく知られたフレーズをタイトルに冠するテーブルゲームを、先日プレイした。「ワンス・アポン・ア・タイム」は、「物…

みんなでサイコロを見守る楽しさ 〜ランダムが「運ゲー」と呼ばれない境界はどこか〜

ランダムという要素で少し前に論争が起きた。艦これの話である。 やれ「運ゲー」だの「運以外の要素を塗りつぶせ」だの、そういった話でかなりの論争になった。というより、定期的にこの手の話題は噴き上がり、即席のディスカッションが開かれるものだ。 そ…

あらためて「カニカマとしてのソシャゲ」を考える

ソーシャルゲームが世に出たばかりの頃、僕は「ソシャゲはカニカマだ」と主張した。 この主張は今でも変わらないが、最近は「あえてカニカマを選択する理由」を徐々に理解している。他ならぬ自分が社会人になったからだ。 ゲームをやる時間がない。この一言…

僕と同僚たちの3人でポケモンのプレイスタイルが全くちがった話

オメガルビー・アルファサファイアが発売されてから1週間とちょっと経った。ついに全自動タマゴ産みロードを手に入れ、入れ食いとばかりに3V固定伝説オールスターズが各地に集結し、各地のトレーナーたちはウキウキになっているころだと思う。 僕も発売日…

「女装少年島風」のプレゼンテーション

ここ二週間、自分の中でホットなイコンが二つある。 一つは「東京都文京区ちゃん(清楚で黒髪短髪で読書が趣味で小柄で物静かな美少女)」である。23区の中でもとびきり小さく、老人の居住率と「23区で住むのに最も安全ランキング」をほしいままにする文京区…

「ソーシャルゲーム汚染」という病気について

先日、「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」というアプリがブシモより配信された。 2013年の冒頭で一躍話題になった「ラブライブ!」のソーシャルゲームである。音ゲー要素を盛り込んでいる、ボイスは新規録り、といったことが事前に明らかに…