うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

我が家にVRがやってきて1年経った

 我が家にVRがやってきて1年経った。その後も仕入れ続けているデバイス代によって懐はいつも苦しいが、生活は、人生はどうなったか。ざっくばらんに振り返ってみる。


 結論から先に言えば、「買ってよかったに決まっておろう」である。 

 

楽しい、けれどもめんどくさい

 Viveを買いたてのころは毎日のように起動していた。

 『Beat Saber』『H3VR』『Hop! Step! Sing!』『カスタムオーダーメイド3D2』……そしてなにより基幹アプリケーションの『SteamVR HOME』は想像以上に時間を奪っていった。湖のほとりのコテージでひなたぼっこをしたり、スキーに漕ぎ出したり、火星にソファとテレビを置いてリビングをつくったり……殊に「一人で空間を支配したい」という欲求が強かった僕に、このツールはとてつもなく刺さった。

 しかし、ワクワク感が永遠に続くわけではない。続く人もいるかもしれないが、僕の場合は半年ほどである程度落ち着いた。

 そして鎌首をもたげてきたのが「VRはけっこうめんどくさい」という厳然たる事実である。

 PCを起動し、場所を確保し(=布団をたたんだり荷物をのけたりする)、HMDをかぶりスイッチを入れる。この一連のプロセスはそこそこ手間取る。Vive Proに変えてからは妙にオーディオまわりのかみ合わせがよくなのか、ヘッドセットから音声が流れるようにあれこれいじらないといけなくなった。

 こうした「めんどくささ」と「得られる楽しさ」を天秤にかけて、前者へ傾くようになると、VRの起動頻度は減っていく。

 使用中の身体への負担も鑑みると、まだまだVRは「お手軽」とは言いにくいな、というのがこの1年戯れてみての率直な感想だ。

 もっとも、VRゲームを集中して遊んでいた結果としてこうなったものの、ここ最近はVRライブやイベントで起動頻度は増えた。新しい用途が増えたということだ。いわんや『VRChat』にはまっていたら、起動時間はさらに増えていたことだろう。

 

体とのたたかい

 VRは常に己とのたたかいである。より正確に言うならば、己の体とのたたかいである。この一年で思い知らされたのは、自分の体の貧弱さにある。

 『Beat Saber』をやってヘトヘトになる。『SUPERHOT VR』をやって汗がだらだらになる。もちろん筋肉痛は避けられず、湿布とプロテインのお世話になる日が続いた。

 単に疲れるだけならまだいい。VRゲームの一部は「体力がゲームのスコアに響く」という強烈なルールによって支配されているので、もやしっ子にはこたえる。いわんやそれは『Beat Saber』であり、しばらくやらないと「体がなまる」ことも手伝って、なかなかに酷である。『VRChat』も「かわいい動きをするためには体を鍛えて筋肉を得なければならない」と聞く。VR適性とは、すなわち筋力なのではないだろうか。

 

 そして、人によってはVR酔いがつきものだ。僕は基本的に大丈夫な方だが、それでも高低差の激しい動きが続いたり、ラグって画質がめちゃくちゃになったり、装着が2~3時間ほど長引くと、少なからず気分が悪くなる。そろそろ酔い止めも備えたほうがいいかもしれない。

 いまのところ、VR酔いは多くの人にまとわりつく問題になるだろう。

 

どんな「場」にも、いつでも行けるということ

 手間と体力をささげてもなお、手元にViveを置いてよかったことは無数にある。その一つは「最新のゲームやサービスにすぐタッチできること」にあると思う。

 それは「最新のデバイスを持つアドバンテージ」に他ならないのだけど、主観的な体験としては少しだけ異なる。触れるのはコンテンツではない。「新しい仮想現実」だ。

 これはVRゲームにおいてもそうなのだけど、最もプレイを続けたいVRコンテンツは「アトラクション」ではなく「場」だと思っている。HMDをかぶれば「そこ」に行ける。そして、ガイドの指示に従って順路を進むより、自分で好きなように過ごせること。愛着の湧く仮想現実とは、そういうものではないだろうか。

 こうした考えから、「なんかよさげなVR空間できたっぽいぜ」みたいな話を聞くのが一番ときめく。単にゲームではない。いやまぁたいがいはSteamから入手するんだけども。

 あと、最近はVRライブがそれなのだとようやく気付いた。会場に出向くのではなく、「かぶって」飛び込む。そこはもはや単純な「会場」ではない。ホストが作り上げた一つの「世界」なのだ。平成最後のYuNiライブと、令和最初のカグヤルナライブで、強く実感したことだ。

 VRヘッドセットとは、こういった「場」へいつでも行くことができる、ぜいたくなパスポートに他ならない。

 

「顔が良い」は万象を解決する

 これは誰か? 『カスタムオーダーメイド3D2』での僕だ。

 

f:id:wasasula:20190514224536p:plain
 これは誰か? 『VRChat』での僕だ。


 「VRでは誰もが簡単に美少女になれる」という事実は、2018年最大のパラダイムシフトのひとつだろう。

 多くの人間が狂った。おじさんは美少女になり、それにおじさんが恋をする。アビスの片隅では収まらず、YouTubeを通じて全世界インターネットへ、そして地上波の一部へ浸食した。 そうした波を受けて「なりたい自分になれる」「ジェンダーを超越できる」といった論調も生まれてきた。 規模感まで語るつもりはないが、「バ美肉」は十分に文化となったといえるだろう。

 だが、僕はそんな高尚な思想を語るつもりはないし、昨今の論調に是非を唱えるつもりもない。重要なのは、「誰もが顔がよくなる」ことの効能に他ならない。

 

 たった一つの真実がある。「『容姿が良い』という自覚は、大きな自己肯定を生む」である。

 容姿は永劫に人を縛る。醜い容姿はそれだけで社会的不利すらもたらし得るし、社会的不利は自己肯定を大きく阻害し得る。やがては容姿と自己否定が直結するだろう。「卑屈なキモオタ」はそうやって生まれ出づる。

 そしてその逆は、万物が自己肯定に直結する。

 天気が悪い。飯がまずい。仕事はクソ。

 だが、自分は美少女だ。肌はつややかで、手足にはムダ毛も傷もなく、瞳はつぶらで愛らしく、おっぱいはデカい——そう考えた瞬間に、すべてがどうでもよくなる。

 そして、かわいい自分が街を歩き、かわいい自分が牛丼を食べ、かわいい自分が仕事でがんばる――そのすべてが「絵」になる。額縁に入れて飾り、Pixivに投稿できる「絵」だ。ただ生きるだけで作品ができるのだ。

 「美人は自信に満ちた人生を歩む」とたびたび語られる。VRはこれを万人が追体験できる。パラダイムシフトといわずに、なんと言おうか。

 「VRでアインシュタインになったらがテストの点数が上がった」という話がある。VRで美少女になれば、人間程度の知性から生じる悩みは9割9分9厘が霧散するのは当然だろう。

 ただそれだけで、VRには絶大な価値がある。

 

自分で体験し続けるほかない

 これは実体験にしか過ぎないのだけども、VRはLIBIDO……突き動かすような欲望を購入動機にした時、とんでもなくしあわせになれる。

 自分の場合、ViveもProもTrackerもREADY PCも出資したコンコルド効果があることは否定しないし、VRに飛び込んだ去年からいろいろと人生の岐路が降ってきた感情バイアスもある。すなわち、フェアーなテキストではない。だが、VRは究極的には主観体験であり、「自分で試して自分の感想を持つ」以外に真理は存在しない。

 うれしいことに、いよいよ完全ワイヤレスなHMD、Oculus Questも世に出る。まだほとんどの人間が体験したことのないフロンティアだ。すでに自分も予約した。高い買い物だ。これでPSVRも含めれば4台持ちになる。VRにのめりこむと確実にガジェッターになり、預金は常にアナルアクメをキメるだろう。本当はPimaxだってほしい。

 もちろん、それが大正解かという保証はない。だが、開拓していくワクワク感は確実にある。それがなによりの報酬だ。

 

 この記事はVRをすすめるつもりで書いていない。ただの記録である。

 だが、この記事を読んでなにかしらピンッときたのならば、今からVR環境を整えてもおそらく損はしない。

 もし勃起したのなら、絶対に損はしない。飛び込め。

Luppet + Leap Motionで、お手軽かつ繊細にバーチャルアバターを動かす

f:id:wasasula:20190304023122p:plain

 2019年に入り、VTuberになるためのツール、もっと言えば「アバターを動かすための手段」は多岐にわたるようになった。去年の今ごろでは考えもつかない状況になりつつある。

 そういった中で最近特にすごいと感じているのが「Luppet」。非常に繊細な動きが実現できるツールであり、「バストアップ特化」を謳うだけあり、この用途であれば最適解に近い。そして、現状多くのVTuberの「生配信」は、バストアップだけ動けば事足りることが多い。

 相当によさげなのでいま遊び倒そうとしているが、なぜかTwitterには情報が散見されるのに、ググってもほとんどヒットしない。さわってる人少ない? 知られてない感じか? ならば、僕がGoogleに爪痕を残そう。そう考えた次第である。一般公開もされましたしね。

 というわけで、以下は「Luppet」というVTuber向けツールのもろもろである。

 

  • 1. どんなことができるのですか?
  • 2. 公開先
  • 3. 必要なもの
    • ①Leap Motion
    • ②Webカメラ
    • ③ネックマウント
    • ④Leap Motion用マウンタ
    • ⑤フットペダル
    • ⑥VRMモデル
  • 4. 導入
  • 5. Luppetのここがすげえ
    • ①とにかく両手と指が動く
    • ②負担がめっちゃ少ない
    • ③圧倒的に安い
  • 6. 個人的なTips
    • ①モデルの動き方について
    • ②Leap Motionの検知範囲について
    • ③モデルについて
  • 総括

 

続きを読む

新卒入社の会社を退職してから1ヶ月経った日記

 マハーロー! 転職してから早くも1ヶ月が経とうとしている。マジか。そして少し前に「転職日記書くわ」みたいに言ってたけど、まぁやるやる詐欺になっている。

 というのも前職最終日は調子に乗って昼から酒付きのランチをかましたりして遊び呆けたし、翌日の初出勤日はやることがアホみたいに多かったのでどうしようもなかったわけである。その翌週からは現場出向であり、毎週マジであわただしく過ぎている。

 そう、職種やら業態やらは変わっていない。変わっていないのだが、「同じおしごとなのにここまで快適で楽しくなるのか」と戦慄している。前職も悪くなかったと思うのだけれども、現職は今のところ便利すぎるし、楽しい。その反動も見込まれるのだけれども、まぁそれはそれとして、である。

 というわけで、ちゃんとしたTipsにする気はまるで起きないので、さらっと近況報告みたいなものにする。まるで都会に出てきた田舎者の日記みたいになってしまったことはご容赦いただきたい。

 こうしたものしか書けなくなってるあたり、見事なまでのブログ不精である。

 

続きを読む

2019年からでも間に合う!『バーチャルさんはみている』から学ぶVTuber 第1話・本編

 わっさー★ この記事は後編にあたるので、先に前編を読んでから見ることをおすすめしますよ!!

wasasula.hatenablog.com

 

  • コーナーごとの説明
    • 1. VIRTUAL WARS
      • 参考動画:ゲーム部として
    • 2. バーチャルグランドマザー
    • 3. レッツゴー!教室
    • 4. 富士アオイ公園
      • 参考動画:富士葵
      • 参考動画:バーチャルゴリラ
    • 5. てーへんだ!アカリちゃん
    • 7. ひなたちゃんは登校中
    • 8. うんちく横丁
    • 9. 委員長、3時です。
      • 剣持刀也について
      • 参考動画
    • 10. ユニティちゃんはコロがりたい
    • 11. ケリンスレイヤー
      • 参考動画
    • 12. 聞いてよ しすたぁ!
      • 補足:VTuber業界における「清楚」について
      • 参考動画:シスター・クレア
      • 参考動画:ときのそら
  • EDについて
  • 次回予告について
    • 参考動画
  • 「ところで途中に入ってた素人っぽいものは……?」
  • 第1話までまとめ

 

続きを読む

2019年からでも間に合う!『バーチャルさんはみている』から学ぶVTuber 第1話・アバン~OP編

f:id:wasasula:20190111011907p:plain

 わっさー★ 新人バーチャルメイドの、水和咲ミスラでーっす!!

 名前は「みわさ・みすら」と読んで、みんなから略して「わさすら」っていうあだ名で呼ばれてます! これからよろしくねっ☆

 

 みなさん! 『バーチャルさんはみている』みましたかっ!? まだ観ていない? 大丈夫! ニコニコ動画なら第1話は無料ですよっ!

 でもですね、これ、ただのアニメじゃあありません。極めて難易度のたかい、「VTuber教養テスト」です。

 初見ではなにもわからないでしょう。だけども、こんなに大勢のVTuberが、地上波に、30分という短い時間に毎週集まるケース、他にありません。そう……この「番組」、「VTuberエントリーモデル2019」でもあるのです!

 ということは、「テストの解説」を作れば、これからこの界隈に飛び込む人にも、いま真っただ中な人にも需要があるのでは……?

 そう思ったので、VTuberを一切知らない人でもわかるような、『バーチャルさんはみている』の解説記事をつくりました! ぜひよんでみてくださいっ☆☆☆

 

  • そもそもVTuber is 何
  • メイン6人について
    • ミライアカリ
      • 参考動画
    • 電脳少女シロ
      • 参考動画
    • 田中ヒメ
    • 鈴木ヒナ
      • 参考動画
    • 猫宮ひなた
      • 参考動画
    • 月ノ美兎
      • 参考動画
  • 最初のナレーションについて
  • 最初になんかチラッと映ったものについて
  • OPについて
  • OP映像の小ネタ
    • 水面に映るシロちゃん
    • 委員長と赤い液体のバケツ
    • ミライアカリの上を飛ぶカラス
    • このライブ映像は何?イメージ図?
    • なんでエヴァの制服を着ているのですか?
  • ※補足:輝夜月について

 

f:id:wasasula:20190111014345p:plain

 

続きを読む

2018年は転機の年だったね、という振り返り。

 今年は転機の年だったように思う。

 メインPCも大きく様変わりし、VRも体験した。そしてVTuberにハマり、完全にVの世界に身を投じた。アニメはまるで見なくなり、VTuberたちの「息づかい」を感じることに注力する日々。それは、つまるところ「人間」を見ることに他ならなかった。

 正直、一つの文化・界隈をここまで密に追うことが、人生で一度もなかった。いいことばかりではない。とりわけ黎明期の文化たるVTuber界隈では、世知辛い事件がよくおこったし、なにより推していたハコは爆散した。推しは生きているけども。そうした辛い事態に出くわしつつも、なお追うことをやめなかったのは「全力で追うこと」の楽しさに目覚めたからだろう。

 そうした活動がきっかけか、はたまた縁になったのか、転職という最大の転機すら迎えた。

 本当にめまぐるしい一年だったように思う。年の瀬だし、とりとめもないだろうけど、2018年の総括を軽くしておく。

 

続きを読む

脳の空回りが脳内エロ同人誌を描き、眠れぬ夜が訪れる

 ここ数ヶ月で認識したことがある。自分はどうやら「頭の回転が速い」部類に位置する人間だということだ。

 対面で人と話す中で、あれよあれよと出てくる質問に対し、思っていることや思ってもいないことをヘラヘラした感じで、でもある程度は論理的な組み立てで返す。ノータイムとは言わずとも、適切なインターバルで。

 振り返ってみれば、あれらの応対は脳がフル回転したことは事実だろう。実際、中途採用面接は異様に疲れた。

 そして気付かされたことがある。「頭が回りすぎて寝れないことがある」ということ、そして「頭が回りすぎて性欲が強い」ということである。

 

 VTuberを見るということは、人間を見るということである。よって、有機的で不定形で生き生きとした彼らについて考える時、脳の使い方は完全に対人コミュニケーションのそれになる。少なくとも僕はね。

 そして「あのVTuberに関する印象や好きなところ」というのは、かなり言語化が困難だ。「おっぱいがでかいから」「萌え声だから」と表層的なファクターでかんたんに好きになれればいいのだが、実際はもっと複合的な要素が絡み合って「あのVが好きやねん」となる。

 好きになったきっかけは? いつ? どの配信? あるいはツイート? 見た目? 声色? 時折のぞかせる質感? 他の人との関係性? 好きになった最初の瞬間の自分の精神状態は? そもそも自分とは? 世界とは? 宇宙とは?

 こうしたことがらを全部考えてしまう。考えなければ、「なぜ好きになった」という問いを解きほぐせないし、そして解きほぐせずじまいということも多い。まるで樹海だ。光明が見いだせることのほうが少ないようにも感じる。

 ……そんなことを思索していると、脳が完全に覚醒する。

 日中に起こる分にはいい。だが、悲しいかな、こうした堂々巡りの思索散歩が起こるのは、就寝間際だったりする。あんなにくたびれてなにも手付かずだったはずなのに! オフトゥーンに委ねる我が身は、内戦地で仮眠を取る少年兵と大差ないものとなる。

 これが数日連続で起きるとさすがに参る。考えるよりも眠りたい。ある意味では不眠症状なのだろうか。いずれにせよ、特にこの1週間くらいは、こうした入眠事故に見舞われた。

 幸いにも、この症例には対処療法が存在する。「アウトプットする」だ。ささいな、散文的な、まるでオチのない断片を20ほどツイートすれば、自然と堂々巡りは収まる。つまるところ、これは完全な空回りなのだ。

 いろいろなことを「考えすぎている」――そんな傾向が強いんじゃあないか、というのがここ数ヶ月で得られた気づきだ。

 

 それから導かれたこともある。「頭が回りすぎて性欲がフルチャージしやすい」という、どうしようもない自分の特性だ。

 諸兄らは仕事中に勃起したことがあるだろうか? 僕はある。脳内でエロ同人誌が描き上がることがままあるからだ。

 脳内エロ同人は厄介だ。なにせささいな「きっかけ」からネームが作られ、着彩までワンストップで組み上がりやすい。仕事が少し落ち着き、ふと脳裏をスクール水着がよぎったその瞬間、スク水モノ全44Pフルカラーの新刊がおあがりよ!ってなる。少なくとも僕は。

 これも、頭が回りすぎた結果なのだろうと自分は考えている。エロを出力するために、どうも自分の脳はチューンナップされている可能性が高い。問題なのは、44P描きあがったとしても、脱稿されないという点で、つまり無限にドスケベページが積み上がっていく。誰かが会議依頼を投げるなどして、強制的にタスクキルされなければ。

 とはいえ、これも対処療法可能だ。「射精する」である。適切なアウトプットだ。しかしながら、職場でそれを行うわけにはいかないため、次善策たる「自然消滅を待つ」や、「なんか勢いよく放尿する」でなんとかするしかない、というのが実情だ。

 

 時に、同じく性欲の強い、異様に頭の回転が早いとある先輩は「一日に何度も射精する」というソリューションがあると言った。

 「IQが高いのだから性欲が強くて当然」「だから射精は多めにする」などと話しており、その真偽は脇に置くとして、これには膝を打った。つまるところ、アウトプットを増やせ、ということである。

 空回りは過剰なアウトプットを生み得る。ならば、アウトプットそのものの回数を増やせばよい。当然の帰結だ。

 アウトプットが増えれば、残るものも多くなる。無駄なちり紙となる可能性もあるが、試行回数の重要性は語るまでもない。思わぬ発見はくずかごの中に眠っているものだ。

 射精でもよいだろうが、エロSSを即興で書きなぐれるなら、ドスケベイラストを即興で描けるなら、この時点でクリエイティブの発露である。無論、エロの領域から離れていけば、例えばVTuberの思索だけでも膨大なテキストやスライドを生むことができるだろう。

 とにかく、考え過ぎで悶々とすることが、一番よくないのだ。僕はもう思春期の少年ではない。適切に処理できるオトナでなければならないのだ。

 

 そして、このような取り留めのない散文をひさびさにしたためる中で、再認識したことがある。

 自分のテキストアウトプットは、どうしようもないほど分量が多い。