読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うらがみらいぶらり

チラシの裏のアーカイブ

萌駅の思い出

CLIP えっちな話 インターネッツ

 「性のめざめ」のきっかけはインターネット。そういう人は一定数いるだろうし、殊にインターネットネイティブ世代では、その比率が上がるはずだ。

 そして、僕のような20代の人間にとって、「性のめざめ」として馴染み深いであろうと思っているものがある。「萌駅」だ。

 いわゆるリンク集サイトであり、エロから非エロまで、今で言う「絵師」のWebサイトへのバナーがまとめられている。当時お世話になった人には釈迦に説法だろうが、Pixivもニコニコ動画もなかった10年ほど前は、ここがスケベイラスト導線の一つだった。

 ド著名なサークルも当時からリンクが置かれていたりした。今やキュー子で有名となったエロゲブランド、DigitalCute の母体的なサークル「首輪通信」も、僕が小学生くらいのころにはすでに萌駅にリンクが存在した。他にも今や有名、あるいは当時から有名なところもあっただろう。もはやインターネットのレガシースポットといって差し支えない。

 

 さて、10年ほど前というと、当時の僕は小学校高学年だ。

 その頃に「首輪通信」を発見し、めざめつつあった性の意識はネジのように捻れていった。「緊縛」「監禁」「調教」の3ピースは、12歳から貫かれている僕の主性癖の一つだ。

 これで終わればよかったかだろう。しかし実際は、「首輪通信」だけで終わらず、萌駅を経由して「似たようなジャンル」のサイトをぐるぐると巡った。さながら都内の私鉄路線網。仄暗いサド趣味の在来線は、ゴジラにぶつかることもなくその積載火薬量を増加させるハメとなった。

 この「似たようなジャンルを巡る」という行為こそ肝要だ。萌駅がもたらした最大の功績(あるいは「恩恵」)は、「属性・性癖のラベリング」なのだ。

 あのサイトの最たる特徴は、「巨乳」「巫女」「SM」といった、いわゆる「属性」によってリンクが区分されていたことだ。今となってはめずらしいものではない。だが、繰り返すがPixivもなかった10年ほど前、「自分が見ているスケベの要素」をしっかりと明文化しているシステムはそこまでなかった。そして、この「属性・性癖のラベリング」は、自身のスケベ心に対して自覚的にさせたのだ。

 

 まだ自慰もおぼえたての子どもにとって、「自分はなにで一番シコれるか」という意識は、比較的あいまいだ。クラスメイトの隣の女の子のふくらみかけの胸。そういったものでめざめる性の意識は、言ってしまえば見境がないだろう。これは、山の中で拾ったエロ本であろうと、インターネットで拾ったエロ画像であろうと、事情はさほど変わらないはずだ。

 だが、タグ付けされたエロから摂取した場合、「自分はこういうものに勃起するのだ」という自覚を容易に得られる。それは、まぎれもない学習であり、学習は反復することを可能とし、反復は成長を促す。「偶然拾ったあのエロ本はエロかった」という思い出ではなく、「俺はこれで勃起するのだ」という自覚を持った時、性的なるものへの関心と知識はどんどんと深まっていく。まぎれもなく経験値ブーストが施されるのだ。

 さらに言えば、自分がシコれるものを自覚することで、より効率的に好みのコンテンツへリーチできるようになる。「おっぱいで男根をはさんでいるアレ」というふわっとした記憶では、Googleも十全に活用できない。だが「パイズリ」というタグから飛んで射精すれば、「パイズリ」という単語をキーとして、再び同質の射精へと至る可能性が得られる。自分の性癖を外部から言語化されることにより、知識を獲得するだけでなく、性的なものへより高速に、効率よく接触することができる。言わずもがなそれは、インターネット検索の根幹を為す大事な思想だ。

 こうした経験を経ることで、ググり力(ぢから)は強化され、セクシャルな知識と経験は加速度的に増幅していく。インターネットを根城とする、どうしようもないスケベオタクはこうして生まれるのだ。

 

 要約するならば、僕は萌駅によって(どうしようもない方面へ)育てられたと言ってよい。インターネットの負の側面をモリモリと喰らって大きくなったのだ。

 だが、いつだって技術や人を進歩させるのは、性欲に他ならない。その意味で、萌駅に出くわしたことは幸運だっただろう。

 そんなことを思いつつ、ひさびさに萌駅をのぞいてみる。

 更新停止はおろか、サイトごとLZHに固められて置かれているサイトすらある。廃墟の存在には時代の流れを感じられずにはいられない。

 だが、作品名タグは比較的最新のものも増えている。DLSiteへのバナー、あるいは配信作品への個別リンクなども見受けられる。駅そのものは廃駅になることもなく、静かに増改築を繰り返しているようだった。

 10年前からの思い出深い場所が未だに残っている。それは素直に嬉しい。タグ付けというものを僕に教えてくれたスケベの路線網は、どう考えても(当時の年齢的にも)アウトなものだが、僕の根幹を作り上げているのだ。

『シン・ゴジラ』は特上ステーキ映画なのでぜひ観に行くべき

PUBLISH 映画

 『シン・ゴジラ』を観た。結論から言えば、この映画はもう純粋におもしろく、見応えバツグンだった。

 例えるなら上等なステーキをたらふく食う感覚。分厚く、食べごたえがあり、食後はおなかいっぱいになる。にも関わらず、不思議と胃もたれしない。そんな絶妙な鑑賞経験を得られたが、その根幹は「あぁ、そうだ、これが怪獣映画なんだよなぁ」という素朴な感想だ。

 とはいえ、この映画はとりわけゴジラファンでなくとも、特撮ファンでもなくとも、楽しめると思う。僕自身ゴジラシリーズは、十年前に観たハム太郎映画と抱き合わせだった機龍シリーズくらいしか、まともに観た覚えがない。それでも「あぁ、あぁぁ」という擬音しか出てこなくなるほど楽しめたのだから、これはすごいことですよ。

 とにかく楽しかったことを伝えたいので、『シン・ゴジラ』のよかった点を、とりあえず3つ以下に書き連ねる。

 

続きを読む

数年ぶりの神撃のバハムート

DIARY インターネッツ ゲーム

 流行っているソーシャルゲームは何もせずとも語られるが、廃れ気味のソーシャルゲームは一時の話題にすら上がらない。例えば『神撃のバハムート』である。

 

 つい最近モバマスコラボを行い、にわかに再注目を浴びた。「500万人突破記念キャンペーン」というもの現在実施中で、今はちょっとしたお祭りムード感が味わえる。しかし、Twitterや知り合いとの会話では、バハムートの「バ」の字も出てこない。Wikiの更新もほとんど止まり、バザーレート検索サイトは閉鎖されている。時代はすでにグラブルに移っているということなのだろう。

 僕もつい最近までログインすらしていなかった。数年前まで無課金でバザーを転がしてイベントの上位報酬を得る分だけの資産を得ていたのにである。たしか艦これが世に出たあたりでぱったりログインしなくなった記憶があるので、つまりそういうことなのだろう。

 

 ひさびさの神バハは、先に述べたモバマスコラボイベントとなった。

 形式は、アイテム討伐型のマラソン。手持ちの戦力以上に財力が物を言うタイプだ。ショップでは期間限定の専用アイテムセットが売られ、快適なランキング競争への足がかりを提供してくれていた。

 グラブルとかでひさしく忘れていたが、神バハのようなソーシャルゲーム第1期生では、課金額はダイレクトにランキングに直結する。アイテムを仕入れただけ点数を稼げる、シンプルすぎて「これはゲームか?」とヤジが飛ぶ構造なのだ。

 ちょろっと2000モバコインのセットを仕入れ、あとは貯蓄してあった自分用キュアウォーターで走り続ける。金を撒きながら回り続けるシャトルランの結果、報酬のLG速水奏は8枚、LG新田美波は11枚という、意味不明な戦果となった。一ノ瀬志希と宮本フレデリカも8枚手に入っていた。明らかに理性かなにかが失われていた。

  新田は勢い余って8-2MAXで作ってしまったが、ガチャLGちょい落としくらいの性能でイベント報酬というのだから、時代は変わった。そもそもLGの報酬というのが、ひさびさのバハ復帰にあたって相当な衝撃だったのである。僕はSSR報酬までしか知らないのだ。

 

 ひさびさのバハを眺めていて、報酬LG以上に驚いたことがある。物価の崩落だ。

 数年前、バハ無課金勢だった僕にとって最大の障壁は、「LGの高額レート」であった。一枚は軽く200水(=平時の販売価格換算で2万円)を超えており、一回や二回無償ガチャからLGを引き当てても、意中のLG購入資金にはとても達しなかった。よって、戦力はHR〜SRを最終進化させて賄うのが常であった。

 ところが、今バザーを見渡してみれば、LGのレートは明らかに暴落している。戦力38程度ならば、高くとも20水、安ければ5水で手が届く。戦力37ならばさらに安い。「ちょっと水を集めてHR」なんて時代はとうに過ぎている。「ちょっと水を集めて安LG」が今の初心者向け講座なのだ。

 原因は至極単純、カード性能のインフレだ。戦力40〜41という枠が登場し、無進化のデフォATK値が6000オーバーというのがザラになっているのだ。戦力37〜38帯ではせいぜい5800までが相場であり、なるほど、第一線で戦おうと思うならばそこを集めなければ話にならないだろう。

 目を離したスキに、ゲーム内の世界は着々と進む。神バハの物価崩落は、十数年ぶりに訪れた街の変わりようを見ているようで、おもしろくもあり、さみしくもある。

 

 そんなこんなで市場から「かつてほしかったLGたち」を買い漁りつつ、モバマスイベと聖戦を回した次第だ。この間にちょくちょくモバコインチャージを行った記憶があるが、定かではない。

 しかしながら、ひさびさに顔を出した騎士団は、団長が長期未ログインの状態になるレベルで過疎っていた。「団長を引き継げます!」なる文言を目の当たりにするとは思わなかった。無論引き継ぐつもりなどない。

 数年ぶりの聖戦は孤独な戦いだった。時折顔を出す副団長をよそに、二度とログインするものかと言わんばかりの勢いで粉を投じ、気が付くと騎士団は上位2000位以内に入っていた。戦績を見る限り過去最高。団長さんが現役だった時ならどれだけ喜ばれただろうか。

 戦友も協力者もいない戦場。残ったのは資産の枯渇したアカウント。達成感と虚しさが共存する感覚の中、『風の谷のナウシカ』のセリフが呼び起こされる。

 また村が一つ死んだ。行こう、ここもじき腐海に沈む。

 …そうはいっても、かき集めたLGの育成だけは済ませたいので、しばらくはエサ探しのためにログインし続けるのだろうけど。

 

 数年ぶりの『神撃のバハムート』は、懐かしさと一抹の寂しさを僕にもたらした。

 それは、形を為した「時代の移り変わり」を目の当たりにした戸惑いにほかならない。

 

 余談だが、4枚目のLGエリニュスが一向にバザーに現れず、ひび悶々としている。70水は余裕で出すつもりなので、誰かゆずってほしい。

全てのプロブロガーは風俗レポを書くべきである

CLIP えっちな話 インターネッツ

 なんとなくプロブロガーについて検索していると、はてな村のお医者さんがプロブロガーについて言及している姿を見かけた。

 

p-shirokuma.hatenadiary.com

 

 内容はもとより、なにかについて語るにあたって、具体例を探してくることは大事だと痛感させられた次第である。僕もプロブロガーウォッチリストを作らないといけない気がしてきた。

 

 そんなお医者さんが見つけてきた、自由になりたいがためにプロブロガーを目指すことにした大学2年生。「1ヶ月で50万稼ぐブログに育てる」と豪語する口から、さてどんなエントリが飛び出すのか。舌なめずりしながら記事をあさってみた。

 

www.airdays.net

 

 一読して、ひどく懐かしい感覚をおぼえた。そうだ。夏休みの読書感想文に似ている。もっと言うなら、題材の取り上げ方や調べ方、それらのまとめ方は、夏休みの自由研究に似ている。そのくらい、牧歌的なエントリだった。

 とはいえ、「安さなら夜行バス、安全と速さなら新幹線」という事実は、Googleに問い合わせれば小学生でも調べられる。「醤油を水で10倍に薄めたようなクソ記事」と喝破されても致し方ないご時世である。

 これで「僕は結構自分の能力に自信があって、「ブログで成功している人がこれだけいるんだったら、俺がやっても出来ないはずがないな」と思ったのです。」と自己紹介されても、これまでYahooきっずで「プーさんのホームランダービー」しかやってこなかったのでは、と思われてもおかしくはないだろう。

 

 このままでは7月中に50万を稼げるかも怪しいだろう。7月はもうすぐ終わる。そこで、僕から起死回生の一手を伝授したい。

 今から風俗店を予約し、その体験レポを書く。これに尽きる。

 

honeshabri.hatenablog.com

 

 こちらでも指摘されているが、風俗レポは最高クラスのコンテンツ力(ぢから)を持つ。なにせマキアヴェッリも「ババアとヤッてナイアガラリバースだわ」と友人に手紙を喜々として送ったのだ。思わず彼がしたためたこと、そしてそれが今日まで残っていることからも、そのコンテンツ性がうかがい知れる。

 とはいえ、風俗レポは意識的にコンテンツになるのではない。嬢と体を通わせ、心身果てた末に、まったくの純朴な魂から生まれ落ちるものだ。

 性体験を語る時、人はとても純粋に、素朴に、それでいて仔細なことばを紡ぐ。そのことばが形作るのは、突き詰めれば「恥」である。そして人間は、他人の「恥」をこよなく愛する生きものだ。

 純朴かつ仔細な性体験は、Googleの検索アルゴリズムでは探すことはできない。いわばオンリーワンのコンテンツであり、東京―大阪間の交通費よりも需要は大きいだろう。

 お店の情報も記せば、立派な風俗取材となり、体裁も整う。だが、なにより大事なのは、己の恥を切り売りする心意気だ。知識も経験もない人間でも、体を売れば資本となる。それは、インターネット全盛期たる現代でも変わらないし、なにより「50円で1日売るよ!」騒動を見れば、否応なく理解できるだろう。

 

 自由を手に入れたいプロブロガー候補生・ハチさんには、ぜひ新宿のコスプレヘルスや、伊勢佐木町の格安ソープに足を運び、赤裸々な風俗レポを記してもらいたい。

 だが、ハチさんだけでなく、世の「プロブロガー」を名乗る全ての人たちには、風俗レポを書いてほしいと思うし、書くべきだと考える。

 性体験は半ば無意識に紡がれるとはいえ、出力される際には、ある程度の文章力が求められる。自分の体験をことばにするというのは、存外に労力がいる。そしてそれだけ訓練になるということでもある。

 風俗レポは、文章力を鍛えるきっかけとして最適なのだ。場末のソープランドで年増タイプのポケモンとバトルしたレポートを記録した後ならば、Googleで適当に集めた情報すら、どこか色づいたコンテンツへと昇華可能だろう。全てのプロブロガーにとって、風俗レポとは一つの登竜門となるのである。

 

 ちょうど世間では、ポケモンGOがリリース間近で、かつてないほどポケモン熱気が高まっている。

 トルコ風呂の淵や、ホテルの一室などへ出向き、ポケモンと邂逅する記事にそれっぽいタイトルをつければ、時節ボーナスでPVもかなり稼げるだろう。そういった意味でも、プロブロガーにとって今は重要な時期である。

 一人でも多くのプロブロガーが、赤裸々な風俗レポを世に送り出すことを願い、筆を置いてシコることとする。

ごちシコ論入門 第5回 「髪の匂い」から検討するごちうさヒロインたち

PUBLISH えっちな話 ごちシコ論

 世間では、しばしば「◯◯たんの髪クンカクンカしたいよぉ(野太い声)」という叫びを耳にする。ルイズ帝国が隆盛を極めた古代より伝わる、オタクの愛情表現だ。

 だが、このフレーズを使う人には、「美少女の髪の毛を嗅ぐ変態的な自分」を誇示する意図で使用する者もいる。その人の鼻孔にはきっと「匂い」は存在しないだろう。行為におぼれて本質を逃す。とても悲しいことだ。

 二次元の少女の髪の毛の匂いを想像する。それは、空想の粋を極めた営みの一つだ。限りなく実在し得ない故に、我々は「それをあるかのように」、自分の中に創り上げることが求められる。「嗅ぐこと」だけで満足してはいけないのだ。

 さて、今や日本の誇る養豚場コンテンツたるごちうさだが、5人のメインヒロインから、いずれも特徴的で、しかしそれぞれ違った「髪の匂い」が感じられる。ごちシコ論第5回は、木組みの街に住まう少女たちの匂いから、ごちシコについて考察する。

 

続きを読む

『ラブライブ!サンシャイン!!』2話 諸感想

CLIP アニメ

 『ラブライブ!サンシャイン!!』の第2話を一言で述べれば、「エモい」に尽きる。

 ただただエモい。もはやサンシャインそのものが、エモさを過剰積載した質量兵器なんじゃないかと思えてくるほどだ。脈絡は欠いてるところがあるが、速度をつけて物理で殴っているので、おおむね問題ない。そんな感じだ。

 ラブライブについて語る時、最近は機関員に詰められる小田切*1みたいな心情になりがちだが、2話に関しては自信を持って「エモい!それでええ!」と主張できそうだ。以下、その主張の断片を書き残す。

f:id:wasasula:20160710173403j:plain

 ラブライブ語りをする敬虔なオタクたち(想像図)

 

*1:『ジョーカー・ゲーム』12話「XX -ダブルクロス-」を参照されたし。

続きを読む

童話『みやもくんの1にちは50えん』

PUBLISH インターネッツ

 ある日、みやもくんは、インターネットひろばにやってきました。

 みやもくんは、ブルーシートをひろげると、そのまんなかに立って、こう言いました。

「ぼくは、プロブロガーだ! ぼくのまわりの5メートル、このブルーシートをしいたところが、インターネットだ!」

 ひろばにいた人は、ふしぎそうなかおをしました。

「ひろばはこんなにひろいのに、あの子はどうして、ブルーシートの中をインターネットだと、言いはっているんだろう?」

 けれども、だれもみやもくんに、そのことをたずねません。なにをしているかわからないし、じかんのムダだったからです。

 こうして、みやもくんは、プロブロガーになりました。

 

 みやもくんは、ブルーシートのまんなかで、とりとめのないおななしをしていました。

 パワー。気づき。青春。情熱大陸。そんなことばがならんだけの、とくにいみのないはなしばかり。

 おおくの人はとおりすぎていきましたが、たまに、あたまの上にお花をさかせた人たちが、たまにブルーシートのなかにはいりました。

 みやもくんのまわりは、いつのまにか、おはなばたけになっていました。

 

 ある日、みやもくんは、ブルーシートのまんなかで、さけびました。

「ぼくの1にちを、50えんで売るよ! MacBookAirより重いものはもてないけど、ひっこしのてつだいもするし、はだかおどりもするよ! 1じかんだけなら、ブログのそうだんにものってあげるよ! 渋谷あたりならかけつけるけど、それいがいのばしょは、交通費はおねがいね!」

 インターネットひろばをいく人たちは、ぎょっとしたようなかおをしました。

 1にちを50えんで売るだって? たったそれだけで、なんでもするのか?

 みんな、ぶきみそうに、みやもくんを見つめていました。

 

 すると、だれかがブルーシートのそばにちかづきました。ブルーアイズ高卒ドラゴンくんです。

 ブルーアイズ高卒ドラゴンくんは、50えんと、BASEのもうしこみしょを、みやもくんにわたしました。もうしこみしょには、こう書かれています。

 

『日雇いのアルバイトをしてほしいです! そしてバイトだいは、ぼくにちょうだい!』

 

 みやもくんは、おこりはじめました。

「アルバイトだって!? じょうだんじゃない! もしきみがぼくだったら、どんなきもちになるとおもう!?」

 すると、ブルーアイズ高卒ドラゴンくんは、ふしぎそうなかおをしました。

「だって、なんでもやるって言ってたよ? だったら、ぼくのいうことをやってくれなきゃ、おかしいじゃないか。それにぼくは、もう50えんをはらっちゃったよ?」

 そのことばにあわせて、とおりすがりの人たちが、くちぐちに「そうだ!」といいました。

「なんでもやるって言ったじゃないか」「うそつきめ」とどなる人もいます。

 ブルーシートのまわりは、たちまち、おおさわぎになりました。

 

 みやもくんは、みんながどうしておこっているのかわかりません。

 こまったみやもくんは、じぶんのまわりにいる、お花をさかせた人たちにはなしかけました。「ぼくがわるいの?」と。

 お花をさかせた人たちは、ニコニコしながらこたえました。

「みやもくんはわるくないよ」「みやもくんはすてきなことをしているよ」と。

 お花からのこえをきいたみやもくんは、あんしんして、じぶんに"わるくち"をいう人たちにむかって、さけびました。

「おまえたちには、おもいやりがない。こんなやつらが、日本にこんなにいるなんて、なんてかなしいんだ。みんな、ぼくがきらいで、しかも、いばしょがないんだ。だから、みんなでぼくをいじめるんだろう!?」

 ひろばにいたひとたちは、目をきょとんとさせています。みやもくんがなにを言っているのか、さっぱりわからなかったからです。

「あいつ、もしかして、バカなのかな」

 そうおもった人たちは、しずかにブルーシートのそばから、たちさっていきました。

 ブルーアイズ高卒ドラゴンくんも、みやもくんから50えんをかえしてもらうと、どこかにいってしまいました。

 

 きょうもみやもくんは、ブルーシートのまんなかで、とりとめのないはなしをしています。

 みやもくんのまわりは、あいかわらず、お花でいっぱいです。

 もう、とおりすがりの人たちは、ブルーシートに目をむけることはありません。

「あれはなんだい?」

 なにもしらない人が、だれかにたずねました。ふりかえることもなく、その人はこたえました。

「プロブロガーっていう、かわいそうなやつだよ」

 

www.miyahaya.com